オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
π-A1規格準拠ケース「CASE 01」対応

バリュートレード、AVIOTのラズパイ向けDAC/HPアンプボード「DAC 01」

ファイルウェブ編集部
2018年01月30日
バリュートレードは、AVIOTのRaspberry Pi用DAC基板「DAC 01」を1月31日より発売する。価格は16,880円(税抜)。

AVIOT「DAC 01」

「DAC 01」は、 ハイレゾ再生・バランス接続に対応したヘッドホンアンプ/DACボード。DACチップはTI/BurrBrown製「PCM5122」を採用。Raspberry Piとの接続にI2S伝送を用いることで、 SoCの再生信号をダイレクトにDACチップへ送出。最大384kHz/32bitまでのPCM入力およびDSD 5.6MHzにもPCM変換により対応する。

日本電波工業製の低位相雑音水晶発振器を、22.5792MHz/44.1kHz系、 24.576MHz/48kHz系の2系統搭載し、 利用する音源に最適なクロックで再生。また、マスタークロックをRaspberry Piに供給する駆動方式を採用したことで、ジッターを抑えた高精度な再生を実現するとしている。

ヘッドホン出力端子は、 3.5mmアンバランス接続(LINE出力兼用)に加え、2.5mmバランスを装備。ゲイン切り替えスイッチを搭載する。

同じAVIOT製のラズパイ・オーディオ対応アルミケース「CASE 01」への取り付けが可能。CASE 01は、「ワンボードオーディオ・コンソーシアム」が策定したRaspberry Pi用のオーディオ規格「π-A1」に準拠したオーディオグレードのケースとなる(関連ニュース)。

「CASE 01」

「CASE 01」に「DAC 01」を組み合わせたイメージ

関連リンク

関連記事