オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
菊地成孔とアクセル・トスカのコラボも初披露

「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2017」で高橋慎一監督『Cu-Bop』の第2弾上映

季刊Audio Accessory編集部
2017年11月02日
11月3日(金)、4日(土)、5日(日)に開催される「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2017」。その関連プログラムとして、フォトグラファー・高橋慎一氏が監督した日本・キューバ合作音楽ドキュメンタリー映画『Cu-Bop across the border』のワールドプレミアイベントが11月5日(日)に行われる。会場は東京・恵比寿ガーデンシネマ。


『Cu-Bop across the border』は、キューバのミュージシャンたちを記録したドキュメンタリー作品の第2章。今回が世界初公式上映となる。第1章『Cu-Bop Cuba New York Music Documentary』は、2015年に渋谷のミニシアター・アップリンクで限定上映され連日ソールドアウト、ロングランヒットを記録した。

監督の高橋慎一氏は、音元出版オーディオアクセサリー誌でも活躍しているフォトグラファー。ライフワークとして「kamita」というキューバンジャズレーベルも主宰し、キューバに通ううちに映像を撮るようになったことが『Cu-Bop』誕生につながった。

高橋慎一監督

プレミアイベントでは、約102分の本作全編の上映に加え、高橋慎一監督と、本作に主演でキューバ出身ニューヨーク在住のピアニスト、アクセル・トスカによる舞台挨拶が行われる。同作品の記念パンフレットも先行販売。劇中のコンサートを収録したサントラCDが付属するほか、今回は高橋慎一監督が新たに制作・編集した未公開の中編映画『Cu-Bop番外編』DVDも特典としてついてくる。ワールドプレミア上映イベントのチケットは80席限定となる。

アクセル・トスカ

モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2017 関連プログラム
【『Cu-Bop across the border』ワールドプレミア上映イベント】
■日時:11月5日(日)開場11:40 / 上映開始11:50 舞台挨拶後、グッズ購入者限定サイン会あり
■会場:YEBISU GARDEN CINEMA シネマ2(東京都)
■料金:2,500円(指定席)※前売で完売の際は当日券なし

また、11月4日(土)には、アクセル・トスカと、彼の才能を高く評価している日本を代表するミュージシャン、菊地成孔との初のコラボレーション「菊地成孔 with アクセル・トスカプロジェクト」が、「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2017」のステージで本邦初披露される。

【菊地成孔 with アクセル・トスカプロジェクト】
■日時:11月4日(土) 17:05〜
■開場:恵比寿ザ・ガーデンホール
■料金:12,000円〜 1日券、3日間通し券などにより価格が異なる

関連記事