オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
マランツ「SA-10」VS過去の銘機も

<TIAS>B&W「700シリーズ」全機種を比較試聴/デノン「AVR-X6400H」でAuro-3Dデモ

編集部:小澤貴信
2017年09月30日
本日より開幕した「2017 東京インターナショナルオーディオショウ」(TIAS)。本記事では、ディーアンドエムホールディングス(デノン/マランツ)のブースの模様をお伝えする。

B&W「700シリーズ」披露。SA-10 VS 過去の銘機の実演も

マランツのブースでは、Marantz、B&Wの両ブランドの製品を中心にデモが行われた。今回の目玉となったのは、先日発表されたB&Wの新ミドルクラススピーカー「700シリーズ」(関連ニュース)。大型イベントでの披露は今回が初ということで、本機の試聴を目当てに会場を訪れた方も多かったようだ。ブースでは、700シリーズのステレオスピーカー全6機種(702S2/703S2/704S2/705S2/706S2/707S2)の比較試聴も実施された。

マランツのブース

B&W「700シリーズ」の各モデルが一堂に会した

一昨年の発表以来、“最も人気のあるハイエンドスピーカー”と言って過言ではないB&Wのトップエンド「800 D3シリーズ」への注目度も依然として高い。シリーズ最上位「800 D3」をはじめとする各機種を、マランツ「SA-10」やクラッセのパワーアンプと組み合わせてデモンストレーションしていた。

B&W「800 D3」

Marantzからは新旗艦モデルとなるSACDプレーヤー「SA-10」、プリメインアンプ「PM-10」が登場。両機がTIASに出そろうのは今回が初となる。また、SA-10については、こちらの記事でレポートしたマランツのディスクプレーヤー銘機との比較試聴をTIASで実演。マランツのディスクプレーヤーの進化を実際に聴いて確かめることができた。

SA-10/PM-10がTIASでそろったのも今回が初

CD-35をはじめとするマランツの過去の銘機とSA-10の聴き比べも

そのほか、ディーアンドエムが今年から取り扱いを開始したPro-Jectのレコードプレーヤーや、AudioQuestのケーブル群の展示も行われていた。

The Beatles Pro-ject LP Player 1964


デノンはAuro-3Dのデモでハイレゾ・3Dサラウンドの実力をアピール

デノンのブースでは、DENONおよびDALIの各製品のデモが行われた。ここで今回大きくフィーチャーされたのが、3Dサラウンド規格「Auro-3D」のデモだ。Auro-3Dはグラウンドレベルに加えて上方にもチャンネルを配置した3Dサラウンド規格だが、チャンネルベースである点、ハイレゾをサラウンド収録できる点など、Hi-Fi再生を包括した規格となっている。このAuro-3Dに国内AVアンプとして初対応したのが、今回出展された「AVR-X6400H」だ。

デノンのブース。前方上方にハイトスピーカーが設置されている

国内モデル初のAuro-3D対応を果たしたAVR-X6400Hを使ってデモが行われた

会場にはTIASでは珍しいサラウンドシステムが用意。しかも地上4ch、上方4chにサブウーファー2基を加えた4.2.4chという大規模なもので、こちらでAuro-3Dのデモを実施した。Auro-3DについてはBlu-rayオーディオソフトも登場してきており、デノンではAuro-3D対応AVアンプが実現するサラウンドでしか実現できないイマーシブオーディオを、Hi-Fiファンにも強くアピールしていく。

こちらはAuro-3Dシステムのリア&リアハイトスピーカー。スピーカーはいずれもDALIが用いられた

もちろんブースには、ステレオ再生システムも両立。フラッグシップ「SX1シリーズ」、準フラッグシップ「SX11シリーズ」、ミドルクラス「2500NEシリーズ」で、「EPICONシリーズ」をはじめとするDALIのスピーカーを鳴らすデモが行われた。

デノンのフラグシップ「DCD-SX1」&「PMA-SX1」

DALIのスピーカーも一堂に会した

レガシーなHi-Fiに加えて、デノンが新しいHi-Fiの形として提案する「デザインシリーズ」の各モデルも出展。10月下旬に発売を控えている最新製品「PMA-60」をはじめとする各モデルが出展された。PMA-60は新世代DDFAを搭載するなど、人気を博した前モデル「PMA-50」を大幅に進化させたプリメインアンプとなる。

「PMA-60」(写真右)の演奏も実施

インテリアを模した展示でデザインシリーズをアピール

関連記事