オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
A10用オペアンプ交換キット販売再開

トップウイング、AROMAの15V駆動アナログポタアン「A10」用外部電源ユニット

編集部:伊藤 麻衣
2017年08月25日
トップウイングは、同社が取り扱う香港AROMA(アロマ)の新製品として、アナログポータブルヘッドホンアンプ「A10」専用オプション外部電源ユニット「PS100」を8月28日に発売する。価格はオープンだが、37,000円前後での実売が予想される。

「PS100」

「PS100」は、A10と組み合わせることで、A10の電源部を完全にバイパスして本製品から電源を供給することが可能。内蔵バッテリーの容量は5,000mAh大容量で、A10を連続で16時間駆動できる。大容量コンデンサーアレーとフィルター回路により、低インピーダンスの電源供給を実現している。出力電圧は±15V。外形寸法は69W×28H×135Dmmで、質量は453g。

背面部にスイッチと端子を備える

本機「SP100」(下)と「A10」(上)を組み合わせたところ

「A10」は、オペアンプとディスクリートトランジスタを採用するポータブルヘッドホンアンプ。独自の昇圧回路設計によって、±15Vの電圧を生成できる強力な電源部を備えている(関連ニュース)。A10はオペアンプの変更が可能で、「OPAKIT」を使用することで、1回路のオペアンプを2つ使ってのデュアルモノ駆動にも対応。また、オペアンプ交換キット「INAZUMA」「PLATEAU」「SUNLIGHT」により、初心者でもオペアンプ交換を行うことができる(関連ニュース)。

なお、A10用オペアンプ交換キット「INAZUMA」「PLATEAU」「SUNLIGHT」および「OPAKIT」は長期品切れとなっていたが、同じく8月28日から販売を再開する。

「A10」

A10用の交換オペアンプ

関連リンク

関連記事