M400/S250相当にするアップグレードも

Dan D’Agostino、増幅回路を一新したステレオパワーアンプ「MOMENTUM S250」

2017/06/07 編集部:風間雄介
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
アクシスは、Dan D’Agostinoのステレオパワーアンプ新モデル「MOMENTUM S250」を発売した。価格は540万円(税抜)。シルバーモデルとブラックモデルを用意する。

Dan D’Agostino「MOMENTUM S250」

従来の「MOMENTUM S200」のミニマム・コンストラクションというコンセプトを踏襲しながら、増幅回路に全面的に手を加えたという新モデル。S200と同じ小型筐体ながら、チャンネルあたり250W(8Ω)、500W(4Ω)という出力を実現した。

出力回路は、同ブランド最新のモノラルパワーアンプ「MOMENTUM M400」と同様の回路デザインを採用した。フルコンプリメンタリーデザインの新ドライバー回路を搭載。出力段に2倍の電流を送り込めるようになり、オープンループゲインを倍増させた。

またドライバー段とパワー段のパワートランジスターには、現在最も高速で高出力とされる同一のバイポーラ型を採用。 NPN/PNPのペアをチャンネル当たりドライバーに2組、パワーに6組、計16個を搭載した。

これらのパワーステージは、堅固なステンレススチール・ファスナーで銅のヒートシンクにマウント。アルミに比べて1.7倍の熱伝導率を持つ銅を採用することで熱伝導性能を高めている。

入力端子はバランスXLR×2、スピーカー出力端子は高品位なバインディングポスト。最大外形寸法は318W×127H×533Dmm、質量は44kg。

背面部

M300からM400、S200からS250への有償アップグレードも

アクシスはまた、Dan D’Agostino製品2モデルのアップグレードサービスを開始した。

外装を除く内部の全てを新たにするという極めて大規模なアップグレードで、施工は米アリゾナ州のD’Agostino自社工場で、生産工程と同様のプロセスで行われる。

MOMENTUM M300からM400へのアップグレードサービスは290万円(税抜/ペア)で、工賃・国内輸送費・往復航空運賃などすべてが含まれる。

MOMENTUM S200からS250へのアップグレードサービスは160万円(税抜)で、同じく工賃・国内輸送費・往復航空運賃などすべてが含まれる。どちらもアップグレード完了まで一ヶ月程度必要という。

【問い合わせ先】
アクシス(株)
TEL/03-5410-0071

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック

新着記事を見る
  • ジャンルパワーアンプ
  • ブランドDAN D’AGOSTINO
  • 型番MOMENTUM S250
  • 発売日2017年6月
  • 価格¥5,400,000(税抜)
【SPEC】●パワー: 250Wx2@8Ω / 500Wx2@4Ω ●周波数応答: 1 Hz - 200 kHz, -1dB / 20Hz - 20kHz, ±0.1 dB ●歪率(250W@8Ω): 0.1% @1kHz ●S/N:105dB、unweighted ●ゲイン: 24.5dB ●入力端子: バランスXLR×2 ●入力インピーダンス: 1MΩ ●出力端子: 高品位バインディングポスト ●出力インピーダンス: 0.12Ω ●電源:100VAC 50 / 60Hz ●消費電力:2.2W未満(スタンバイ時),90W(アイドル時), 650W(1/3出力時), 1010W(最大出力時) ●最大外形寸法: 318W×127H×533Dmm ●質量: 44kg