オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
若干数製造して終了へ。後継機の予定は無し

ソナス・ファベールの銘スピーカー「ELIPSA Red」が2017年4月末受注分にて生産完了

オーディオ編集部 樫出
2017年03月23日
(株)ノアが輸入するイタリアのスピーカー名門ブランド“Sonus faber”(ソナス・ファベール)の「ELIPSA Red」が、2017年4月末受注分にて生産完了となる。

今年で生産が完了となるSonus faberの「ELIPSA Red」

Sonus faberのスピーカーシステム「ELIPSA(エリプサ)」は2007年に発売され、今年で10年目を迎える。本機は同社創業者である、故・フランコ・セルブリン氏の手がけた独創的なスピーカー「STRADIVARI Homage」を小型化し、さらに扱いやすくした傑作モデルである。

2012年にマイナーチェンジが行われ、「STRADIVARI Homage」と同一のリング・ラジエーター・トゥーターに換装され、仕上げも全く同様の「レッド・ヴァイオリン」となった。名前も「ELIPSA Red(エリプサ・レッド)」と変更し、多くのオーディオファンからその性能と美しいデザインが認められ、大きな支持を獲得したモデルである。

この「ELIPSA Red」であるが、今年に若干数を製造して生産完了となることになった。受注は本年2017年4月末までの期間限定となり、かつメーカーでの製造部材確保と受注を平行して実施するため、限定数の提供となる可能性があるという。なお、現在のところ「ELIPSA Red」の後継モデルの予定はないという。購入を検討されていた方は、ぜひお早めに決断をした方が良さそうだ。

Sonus faber
「ELIPSA Red」
フロアスタンディング型スピーカーシステム
本体色:レッド・ヴァイオリン(ハイグロス・フィニッシュ)のみ
2,400,000円(ペア・税別)
*受注は2017年4月末まで(早めに完了する可能性あり)

関連リンク

関連記事