オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
Grandioso G1の技術要素を継承

エソテリック、クロックジェネレーター2機種 ー ルビジウム搭載「G-01X」とOCXO搭載「G-02X」

編集部:小澤貴信
2016年11月28日
エソテリックは、マスタークロックジェネレーター「G-01X」「G-02X」を12月20日より発売する。価格はG-01Xが145万円(税抜)、G-02Xが45万円(税抜)。

G-01X

G-02X

クロック入力端子を備えた対応デジタル機器へ外部からクロックを供給するマスタークロックジェネレーター。「G-01X」は、高精度ルビジウム発振器を採用した上位モデル。G-02XはカスタムチューンされたOCXO(Oven Controlled Crystal Oscillator/恒温槽付き水晶発振器)を採用したスタンダードモデルとなる。いずれのモデルもワイドレンジ・クロックバッファーアンプやアダプティブ・ゼログラウンド回路などの新技術を採用したことを特徴とする。

高精度ルビジウムを搭載したG-01X

G-01Xは、高精度な米国製ルビジウム発振器(周波数精度:±0.05ppb=±0.00005ppm)を、エソテリック専用の品質管理を施したカスタム仕様で搭載する。

旗艦モデル「Grandioso G1」で開発された「ワイドレンジ・クロックバッファーアンプ」を採用し、さらなるワイドレンジを実現したとのこと。高周波特性に優れた高速トランジスターを使ったディスクリート回路を各出力に独立して搭載することで、音質を向上させた。

同じくG1で開発されたアダプティブ・ゼログラウンド回路も装備。ルビジウムユニットからバッファーアンプへの信号送り出しにおいて、クロック出力の基準電位となるグラウンドを常に0Vに保つことで、グラウンド電圧の変動によるノイズ(ランダムジッター)を防止する「アダプティブモード」を備えた。なお、通常モードと切り替えて音質のちがいを選択することもできる。

G-01Xの背面部

ワイドレンジ・クロックバッファーアンプの性能を引き出すために電源回路を新設計。各出力に独立したバッファーアンプに対し、電源レギュレーターも独立。アンプと電源をブロック化することで、クリーンでパワフルな駆動を可能にしたという。電源トランスは大型トロイダルトランスをメインに、デジタル制御部専用のEIコアトランスも備えた2トランス構成を採用。平滑回路にはコンデンサーを複数組み合わせ、ショットキーバリア・ダイオードを使うことで、高速なデジタル処理にも対応。正確なクロック信号生成に貢献するとする。

本機は最大8台の機器にクロックを供給。10MHz正弦波クロック専用端子は4系統を備え、端子ごとに出力のオン/オフを切り替えられる。クロック出力用の2系統・4出力は、100kHz、10MHz(矩形波)、およ44.1kHz/48kHz系の1倍〜最大512倍(22.5792MHz/24.576MHz)のクロック信号を出力可能。また、端子ごとに個別に出力周波数を設定できる。

GPS受信機などを外部入力端子に接続して、10MHzまたは1ppsの基準信号を外部から入力するExternal 10MHz/1pps入力も装備。衛星から受信したより中心周波数精度の高いクロックに内蔵ルビジウムユニットを同期させ、オーディオ機器側に対して安定性の高いルビジウム発振を供給できる。

各端子にはオリジナルの金メッキBNC端子を装備。伝送ロスを極限まで抑えたという。電源ボタンをオフにしたときにシステムを完全にシャットダウンするモードと、内蔵ルビジウムユニットの通電のみ継続する推奨のプリヒートモードの選択も可能。常時ルビジウムを暖機することで、電源投入から本来の性能を発揮するまでの待ち時間を短縮できる。

外部振動の影響を受けやすいルビジウムユニットに配慮して、シャーシ構造においては振動のコントロールを徹底。各コンポーネントを固定するボトムシャーシにはスリット構造を採用し、相互干渉を最小とする。また、剛性の高い重量級肉厚アルミパネル・エンクロージャー、独自のピンポイントフットも採用する。

消費電力は72W(ウォームアップ時)/29W(安定時)、外形寸法は445W×131H×359Dmm、質量は13.3kg。

カスタムチューンされたOCXOを備えたG-02X

内部温度を常に一定に保つオーブンに水晶振動子と発振回路を内蔵し、安定した発振を行うエソテリック専用カスタムOCXO(恒温槽付き水晶発振器)を新たに開発。優れた中心周波数精度(代表値±0.01ppm)の実現と共に、位相雑音を従来比で約3dB減少させることが可能になったという。

「ワイドレンジ・クロックバッファーアンプ」の搭載や、「アダプティブ・ゼログラウンド」モード対応への対応は本機も同様となる。電源についてもやはり、バッファーアンプと電源レギュレーターのブロック化、メインのトロイダルトランスと制御用EIコアによる2トランス構成、コンデンサーを複数組み合わせた平滑回路などを搭載する。

G-02Xの背面部

本機もG-01Xと同様に最大8台の機器にクロックを供給。10MHz正弦波クロック専用端子は4系統を備え、端子ごとに出力のオン/オフを切り替え可能。クロック出力用の2系統・4出力は、100kHz、10MHz(矩形波)、およ44.1kHz/48kHz系の1倍〜最大512倍(22.5792MHz/24.576MHz)のクロック信号を出力可能で、端子ごとに個別に出力周波数を設定できる。

ボトムシャーシは、スリット構造を採用し、各コンポーネントの相互干渉を最小化。また、重量級肉厚アルミパネル、エンクロージャー、スチール削り出しインシュレーターにより、外部からの振動の影響を排除している。オリジナルの真鍮削り出し金メッキBNC端子を採用。OCXOのプリヒート機能も備える。外部クロックを接続できるExternal 10MHz入力も搭載している。

消費電力は18W(ウォームアップ時)/12W(安定時)、外形寸法は445W×107H×359Dmm、質量は11.3kg。
新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドESOTERIC
  • 型番G-01X
  • 発売日2016年12月20日
  • 価格¥1,450,000(税抜)
【SPEC】●接続端子:10MHz正弦波クロック専用端子×4、クロック出力用×2 ●消費電力:72W(ウォームアップ時)/29W(安定時) ●外形寸法:445W×131H×359Dmm ●質量:13.3kg
  • ジャンルその他
  • ブランドESOTERIC
  • 型番G-02X
  • 発売日2016年12月20日
  • 価格¥450,000(税抜)
【SPEC】●接続端子:10MHz正弦波クロック専用端子×4、クロック出力用×2 ●消費電力:18W(ウォームアップ時)/12W(安定時) ●外形寸法:445W×107H×359Dmm ●質量:11.3kg

関連記事