オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
英国大使館で発表会を開催

モニターオーディオから新旗艦スピーカー「PLATINUM SERIES II」登場。最上位「PL500 II」も

編集部:小澤貴信

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2016年03月25日
ナスペックは、同社が取り扱う英MONITOR AUDIO(モニターオーディオ)の新フラグシップ・スピーカーシステム「PLATINUM SERIES II」の発表会を、英国大使館にて開催。ラインナップ各モデルを4月15日より発売する。

駐日英国大使館 2番館に設置されたPL500 II

PLATINUM SERIES IIのラインナップ

2007年に登場した旗艦モデル「PLATINUM」を約9年ぶりにフルモデルチェンジ。従来は3ウェイ・4スピーカー「PL300」がトップエンドだったが、PLATINUM SERIES IIでは3ウェイ・7スピーカーのバーチカルツイン(仮想同軸)型「PL500 II」が最上位として新登場。本機以外では、従来シリーズに倣ったラインナップを用意する。トゥイーターを従来のリボン型から独自のハイルドライバー「MPD」へと刷新し、ミッド/ウーファーも「RDT II」ドライバーへと進化させた。各モデルの型番と価格は以下の通り。

・「PL500 II」 ¥3,200,000/ペア(税抜)※受注製品

PL500 II

今回からラインナップされた旗艦モデル「PL500 II」は、3ウェイ・7スピーカー構成のバスレフ型/フロア型スピーカーシステム。本機のみ受注生産での販売となる。

・「PL300 II」 ¥1,600,000/ペア(税抜)
・「PL200 II」 ¥1,100,000/ペア(税抜)

PL300 II

PL200 II

従来のトップエンド PL300の後継となる「PL300 II」は、3ウェイ・4スピーカー構成のバスレフ型/フロア型スピーカー。「PL200 II」は、PL300 IIより一回り小さい3ウェイ・4スピーカー構成のバスレフ型/フロア型モデルとなる。

・「PL100 II」 ¥680,000/ペア(税抜)

PL100 II

ラインナップ唯一のブックシェルフ型である「PL100 II」は、2ウェイ・2スピーカー構成のバスレフ型。専用スタンド「PL100 II STAND」(¥120,000/ペア・税抜)も用意されている。

・「PLC350 II」 センタースピーカー ¥680,000(税抜)
・「PLC150 II」 センタースピーカー ¥450,000(税抜)

PLC350 II

PLC150 II

センタースピーカー「PLC350 II」は3ウェイ・4スピーカー構成のバスレフ型で、PL300 IIと同様のユニット構成を採用。より小型の「PLC150 II」は2.5ウェイ・3スピーカー構成のバスレフ型で、PL200 IIのユニット構成と対応。両センタースピーカー向けのスタンド「PL CENTRE STAND II」(¥80,000・税抜)も用意する。

・「PLW215 II」 サブウーファー ¥700,000(税抜)

PLW215 II

サブウーファー「PLW215 II」は、380mmドライバー 2基を対向配置。DSPを内蔵しており、マイク測定による音場補正機能も備えている。

発表会には英モニターオーディオ社よりグローバルセールス・マーケティングディレクターであるアレックス・エムソン氏が登場。駐日英国大使館からは対英投資部貿易担当一等書記官のエスター・ウィリアムス氏が登壇し、挨拶を行った。

英モニターオーディオ社 グローバルセールス・マーケティングディレクター アレックス・エムソン氏

駐日英国大使館 対英投資部貿易担当一等書記官 エスター・ウィリアムス氏

以下、英国大使館で開催された発表会の模様と併せて、PLATINUM SERIES IIの特徴を紹介していく。

トゥイーターをリボン型から独自設計のハイルドライバー型へ刷新

「PLATINUM SERIES II」のプレゼンテーションは、英モニターオーディオ社のテクニカル・ディレクターであるディーン・ハートレイ氏が行った。同氏は、従来のPLATINUMシリーズを含む同社スピーカーの開発を一貫して担ってきた人物だ。

英モニターオーディオ テクニカル・ディレクター ディーン・ハートレイ氏

最大のトピックと言えるのが、ハイルドライバー型トゥイーター「MPD(Micro Pleated Diaphragm)トランスデューサー」をラインナップ全モデルで新採用したことだ。従来のPLATINUMシリーズでは、同社が伝統的に用いてきたC-CAM合金を用いたリボン型トゥイーターを搭載していた。同社上位シリーズ「Gold」にも採用されたこのC-CAMリボントゥイーターをあえて採用せず、新旗艦シリーズでは新開発されたハイルドライバー型トゥイーターを採用した。

PL500 IIのMPDトランスデューサー(写真中央)

MPDトランスデューサーは、カプトン素材による超軽量プリーツ振動板を採用

MPDトランスデューサーはカプトン素材による“超軽量プリーツ振動板”を採用。ドーム型トゥイーターと比較して8倍の表面積を備えることで、高能率と低歪みを実現した。能率については96dBという値を可能にしたと説明された。

また、一般的なハイルドライバー型のユニットでは、25kHz付近に大きなブレークアップポイントが出てしまうとのこと。しかしMPDトゥイーターにおいては、コンピューターシミュレーションによる設計を行うことで、60kHz以上の超高音域再生を実現しつつ、ブレークアップ・ポイントが存在しないという特徴を可能にしたという。振動板自体がショック・アブソーバーとして機能することにより、優れた減衰特性も得られ、不要な表面振動を抑制。これにより、100kHzまでの高域再生を実現しつつ、大きな入力レベルにおいても歪みのないサウンドを実現できると説明していた。

MPDトランスデューサーの分解図

またフラットなインピーダンス特性により、ダインピングファクターの小さいアンプでも高いパフォーマンスで再生できるという。また、各スピーカーのL/Rにおいてペアマッチングが図られている。

ウーファーには第二世代「RDT II」ドライバーを採用

ミッドレンジ/ウーファーには、第二世代となる「RDT II(Rigid Diaphragm Technology II」)ドライバーを採用する。コーンのコア部には、軽量かつ高い高度を備えたNomex複合素材を使用。表面はハニカム構造のディンプル(くぼみ)を施し、超薄型に仕上げられている。このコア部の表面側にモニターオーディオでお馴染みのC-CAM(セラミック・コーンテッドアルミニウム/マグネシウム合金)によるコーンを、背面側には撚り構造のカーボンスキンを特殊接着によって組み合わせ、3層のサンドイッチ構造としている。

RDT IIドライバーのコーン部

RDT IIドライバーのコーン裏側

このRDT IIは、高い硬度と、センターホールを廃した精度の高い放射形状により、ブレークアップ共振モードを回避し、スムーズなロールオフ特性を実現。300Hz以上の音域で8dB以上の歪みを低減できたという。こうした成果には、FEA(有限要素解析)を用いて最適化されたコーンデザインや、振動板各層の新たな接着方法も寄与していると説明していた。

RDT IIドライバーの詳細

RDT IIドライバーはARCによるバスケットに納められている

ユニットコーンの背後には、特許技術となるDCF(ダイナミック・カップリング・フィルターを搭載する。これはナイロンリング状のメカニカル・フィルターで、振動板の動きに対して吸収材のように働く。さらにユニット駆動時の背圧を逃す空気穴を配置するとともに、ドライバーが動くことで発生する高周波エネルギーを効果的に減衰させ、駆動時に発生するボイスコイルの熱を冷却。歪みを低減し、さらなる高能率化と、自然なロールオフ特性の獲得に寄与する。

DCF(ダイナミック・カップリング・フィルター)

ボイスコイルなど駆動系も進化した

前のページ 1 2 3 4 次のページ

新着記事を見る
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドMONITOR AUDIO
  • 型番PL500 II
  • 発売日2016年4月15日
  • 価格¥3,200,000/ペア(税抜)
【SPEC】●型式:3ウェイ・7スピーカー構成バスレフ型/フロア型 ●使用ユニット:MPDトランスデューサー×1、100mm RDT II ミッド×2、200mm RDT II ウーファー×4 ●周波数特性:22Hz〜100kHz ●クロスオーバー:460Hz/3.6kHz ●感度:91dB ●インピーダンス:4Ω ●許容入力:400W ●推奨アンプ出力:150W〜400W ●外形寸法:504W×1848H×626Dmm ●質量:99.1kg
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドMONITOR AUDIO
  • 型番PL300 II
  • 発売日2016年4月15日
  • 価格¥1,600,000/ペア(税抜)
【SPEC】●型式:3ウェイ・4スピーカー構成バスレフ型/フロア型 ●使用ユニット:MPDトランスデューサー×1、100mm RDT II ミッド×1、200mm RDT II ウーファー×2 ●周波数特性:28Hz〜100kHz ●クロスオーバー:500Hz/3.4kHz ●感度:90dB ●インピーダンス:4Ω ●許容入力:300W ●推奨アンプ出力:100W〜300W ●外形寸法:410W×1158H×470Dmm ●質量:54.52kg
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドMONITOR AUDIO
  • 型番PL200 II
  • 発売日2016年4月15日
  • 価格¥1,100,000/ペア(税抜)
【SPEC】●型式:3ウェイ・4スピーカー構成バスレフ型/フロア型 ●使用ユニット:MPDトランスデューサー×1、100mm RDT II ミッド×1、165mm RDT II ウーファー×2 ●周波数特性:35Hz〜100kHz ●クロスオーバー:750Hz/3.9kHz ●感度:90dB ●インピーダンス:4Ω ●許容入力:250W ●推奨アンプ出力:100W〜250W ●外形寸法:360W×1043H×375Dmm ●質量:36.08kg
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドMONITOR AUDIO
  • 型番PL100 II
  • 発売日2016年4月15日
  • 価格¥680,000/ペア(税抜)
【SPEC】●型式:2ウェイ・2スピーカー構成バスレフ型/ブックシェルフ型 ●使用ユニット:MPDトランスデューサー×1、165mm RDT II ミッド/ウーファー×1 ●周波数特性:40Hz〜100kHz ●クロスオーバー:3.0kHz ●感度:88dB ●インピーダンス:4Ω ●許容入力:120W ●推奨アンプ出力:60W〜120W ●外形寸法:225W×370H×285Dmm ●質量:14.94kg
  • ジャンルセンタースピーカー
  • ブランドMONITOR AUDIO
  • 型番PLC350 II
  • 発売日2016年4月15日
  • 価格¥680,000(税抜)
【SPEC】●型式:3ウェイ・4スピーカー構成バスレフ型/センタースピーカー ●使用ユニット:MPDトランスデューサー×1、100mm RDT II ミッド×1、200mm RDT II ミッド/ウーファー×2 ●周波数特性:32Hz〜100kHz ●クロスオーバー:780Hz/3.3kHz ●感度:90dB ●許容入力:250W ●推奨アンプ出力:100W〜250W ●外形寸法:800W×288H×368Dmm ●質量:43.02kg
  • ジャンルセンタースピーカー
  • ブランドMONITOR AUDIO
  • 型番PLC150 II
  • 発売日2016年4月15日
  • 価格¥450,000(税抜)
【SPEC】●型式:2.5ウェイ・3スピーカー構成バスレフ型/センタースピーカー ●使用ユニット:MPDトランスデューサー×1、165mm RDT II ミッド/ウーファー×1、165mm RDT II ウーファー×1 ●周波数特性:45Hz〜100kHz ●クロスオーバー:600Hz(−6dB LF)/3.0kHz ●感度:89dB ●許容入力:200W ●インピーダンス:6Ω ●推奨アンプ出力:60W〜200W ●外形寸法:583W×225H×291.2Dmm ●質量:23.98kg
  • ジャンルサブウーファー
  • ブランドMONITOR AUDIO
  • 型番PLW215 II
  • 発売日2016年4月15日
  • 価格¥700,000(税抜)
【SPEC】●使用ユニット:380mmドライバー×2 ●消費電力:最大1,200W(待機時0.5W) ●外形寸法:504W×546.3H×512Dmm ●質量:57.54kg

関連記事