オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
筐体奥行きも短縮

ELAC、300LINEの新入門スピーカー「BS302」。磁気回路など一新

編集部:小澤 麻実
2016年03月07日
ユキムは、同社が取り扱うELACのスピーカー“300LINE”の新モデルとして同軸2ウェイ・ブックシェルフスピーカー「BS302」を3月10日に発売する。価格は87,000円(ペア・税抜)。

BS302

300LINEの入門機「301.2」の後継機。磁気回路とクロスオーバーを一新し、「空間表現力に優れていた301.2を凌駕するサウンドを実現した」としている。

また、音質を損なうことなく筐体の奥行きを1cm短縮。新たにリアと底面に6mmのインサート・ナットを備え、ブラケットやスタンドと組み合わせて使えるようにするなど、設置性や使い勝手の面でのブラッシュアップも行われた。これにより、PCと組み合わせたニアフィールドスピーカーや、壁に取り付けリアスピーカーとしての使用もお勧めされている。

20mmシルクドームトゥイーターと78×108mm AS-OVALを組み合わせた同軸2ウェイ構成。再生周波数帯域は80〜35,000Hz、インピーダンスは4Ω。クロスオーバー周波数は80/2,390Hzとなる。

外形寸法は91W×121H×111Dmm。質量は1.3kg(1台)。専用スタンド(45,000円/ペア・税抜)や専用ブラケット(3,600円/ペア・税抜)も用意されている。また、「B-Tech BT33」など他社製ブラケットを使うことも可能だ。

専用ブラケットやスタンドなども用意

ユキムは「BS302」について「『可能なかぎり小型で、最高の音質のスピーカー』を探しているお客様にとって唯一の選択技となるでしょう」とアピールしている。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドELAC
  • 型番BS302
  • 発売日2016年3月10日
  • 価格¥87,000(ペア・税抜)
【SPEC】●型式:同軸2ウェイ・ブックシェルフ型 ●使用ユニット:20mmシルクドームトゥイーター、78×108mm AS-OVAL ●再生周波数帯域:80〜35,000Hz ●能率:86dB ●インピーダンス:4Ω ●クロスオーバー周波数:80/2,390Hz ●最大入力:75W ●外形寸法:91W×121H×111Dmm ●質量:1.3kg(1台)

関連記事