オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
JET Vトゥイーターや空芯コイルを新たに採用

ユキム、ELACのブックシェルフスピーカー「BS192」の特別仕様機「BS192 MEISTER EDITION」

ファイル・ウェブ編集部
2014年10月20日
ユキムは、ELACのブックシェルフ型スピーカー「BS192」の特別仕様モデル「BS192 MEISTER EDITION」を11月10日より発売する。価格は170,000円(ペア・税抜)。本機は限定版ではなく、BS192の上位モデルという位置付けとなる。

ELAC「BS192 MEISTER EDITION」

BS192は、「JET V Ex」トゥイーター搭載の新190LINEにラインナップされたブックシェルフ型スピーカーで、バスレフポートを底面に配置して設置性を高めたボトム・エミッション方式を採用している。

トゥイーターは上位機と同じ「JET V」に変更

BS192 MEISTER EDITIONでは、トゥイーターを含むほぼ全てのパートに改良が加えられたとのこと。通常版BS192では、JET Vトゥイーターの別バージョンとなる「JET V Ex」が搭載されていたが、本機では上位モデルと同様の4ギャップタイプ「JET V」を採用。リング部にはMEISTER EDITIONのロゴがプリントされている。ウーファーについては従来通り、パルプ/アルミ・ハイブリッド AS CONEが採用されてた。

ネットワーク部には、BS312などにも採用されている空芯コイル(ハイパワー・エア・コイル)を190LINEとして初搭載。また、ネットワーク基板にも、ブラック・サーフェスの高品位な基板を採用。内部配線はVan Den HulのSKYLINEに変更された。

本機に搭載された空芯コイル

ボトム・エミッション方式の核となるバスレフポートは、ノーマルモデルよりも放射角が広く、形状も異なる新型に変更。より自然な放射特性を実現することで、音質向上に加え、大音量時のベンチレーション・ノイズも減少させた。

エンクロージャーの仕上げは従来モデルのマットブラックから、ハイグロスブラックに変更。リアパネルにはモデル名と共にシリアルナンバーがプレートされている。また、特別仕様モデルとして、品質管理項目をクリアしたことの証明としてエラック社長であるウォルフガング・ジョン氏のサインと日付、シリアルナンバーが記載された証明書が同梱される。

専用スタンド「LS30HB」(¥60,000/ペア・税抜)も用意。従来モデルのLS70よりも支柱部がサイズアップされ、ベース部を薄型にしつつも、幅と重量をアップ。より重心の下がった転倒しにくい構造になっている。さらに、BS192 MEISTER EDITIONのネジ止めも可能だ。

周波数特性は46Hz〜50kHz、クロスオーバー周波数は2.5kHz、入力は定格60W/最大80W。外形寸法は160W×290H×262Dmm、質量は6.0kg。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドELAC
  • 型番BS192 MEISTER EDITION
  • 発売日2014年11月10日
  • 価格¥170,000(ペア・税抜)
【SPEC】●周波数特性:46Hz〜50kHz ●クロスオーバー周波数:2.5kHz ●入力:定格60W/最大80W ●外形寸法:160W×290H×262Dmm ●質量:6kg

関連記事