オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
2月13日のポタ研で「フォルダ表示再生」を体験可能

オンキヨー「DP-X1」/パイオニア「XDP-100R」がフォルダ表示再生/リストの複数選択に対応

ファイル・ウェブ編集部
2016年02月12日
オンキヨー&パイオニアイノベーションズ(株)は、オンキヨーのデジタルオーディオプレーヤー「DP-X1(関連ニュース)」およびパイオニア「XDP-100R(関連ニュース)」のプレーヤーアプリ“Music”と楽曲転送ソフト“X-DAP Link”のアップデートを2月下旬に実施する。

オンキヨー「DP-X1」

パイオニア「XDP-100R」

アップデートによってフォルダ表示再生機能が追加され、ソート表示の項目編集も可能になる。また、e-onkyo musicの楽曲をブラウザからダウンロードした際、アルバムワークや曲情報が表示されない問題が修正され、音楽再生時の安定性も向上するという。

楽曲転送ソフト“X-DAP Link”のアップデートは3月上旬に実施され、楽曲リストをShift/Ctrlキーなどを使用して複数選択後、チェックボックスにまとめてチェックを入れられるようになる。さらに更新履歴表示ボタンの追加、ファイル/フォルダ名に特定の文字が含まれている場合に転送が失敗する問題の改善が行われる。

今後のアップデートでは、“Music”のプレイリスト作成機能の改善とMQAのサポート、“X-DAP Link”のMac(OS X 10.10・11)対応を検討しているとのことだ。

なお、“Music”の「フォルダ表示再生」機能については、2月13日に中野サンプラザで開催される<ポタ研2016>の同社ブースにてデモの実施が予定されている。

関連記事