ハイレゾ対応ヘッドホンなど新製品が多数登場&試聴可能

<ヘッドホン祭>オンキヨー&パイオニアのハイレゾDAPに長蛇の列

編集部:小澤 麻実
2015年10月24日
10月24日、25日に中野サンプラザで開催されている「秋のヘッドフォン祭2015」。15階ルームアクアのオンキヨー&パイオニアイノベーションズブースには、先日国内でも正式発表されたハイレゾDAP「DP-X1」と「XDP-100R」の試聴を希望する来場者が長蛇の列をなしていた。

ハイレゾDAP試聴希望者が長蛇の列を成していた

両機とも、IFAで初登場し大きな注目を集めた製品。先日行われた国内発表会では発売時期と実勢価格が明らかになり、具体的に購入検討を始めた方も多いのではないだろうか。

オンキヨーのハイレゾDAP「DP-X1」(左)とパイオニアの「XDP-100R」(右)

オンキヨー「DP-X1」は4.7インチ/解像度1280×720のディスプレイを搭載。2.5mm 4極端子を備え、バランス接続に対応している。さらに2.5mm 4極端子からの出力は「バランス接続モード」と、片側のアンプをGND制御のためだけに使うことで安定したGND確保が可能な「ACG(アクティブコントロールGND)モード」を選ぶことができる。来場者のなかには「ACGが搭載されているのがすごくいい」と話す人の姿も見られた。製品の詳細はこちらの記事でご覧いただける。

パイオニア「XDP-100R」は、同社のポタアン「XPA-700」を彷彿とさせる、取り外し可能なバンパーを備えたデザイン。DP-X1と基本的なエンジンは同じなため仕様は共通する部分もあるが、外観デザインやGUIは全く異なっている。パイオニア「XDP-100R」が先進性志向なのに対し、「DP-X1」はオーセンティック志向とのこと。また、オンキヨー「DP-X1」と異なる点としては、本体底面にはオンキヨー製スピーカーを搭載し本機だけでカジュアルに音楽を楽しめる点が挙げられる。製品の詳細はこちらの記事でご覧いただける。

そのほか同社ブースには、オンキヨーのハイレゾ対応ヘッドホン「H500M」(関連ニュース)やパイオニア“Superior Club Sound”シリーズのハイレゾ対応ヘッドホン「SE-MX8」(関連ニュース)など多数の新製品が用意され、そのサウンドを体験することができる。

そのほか、オンキヨーやパイオニアブランドから発表されたばかりの新イヤホン/ヘッドホンが登場。試聴を行うことができる

パイオニアのフラグシップヘッドホン「SE-MASTER1」も試聴可能だ


もちろんフィリップスブランドのヘッドホンも登場

オンキヨーのカスタムIEMのサウンドを確かめることもできる


こちらは参考出展されていたDeffのコンパクトなデジタルパワーアンプ。発売中のDSDネイティブ再生対応USB-DAC/ヘッドホンアンプ「DDA-DAC1U」と組み合わせて使うこともできる

またパイオニアは14階「Pioneer DJ」ブースで新モデル「HDJ-700」(関連ニュース)などDJヘッドホンをアピール。13階ルームコスモではハイレゾ音源のワイヤレス再生も可能なコンポ"Stellanova"を使ったデスクトップオーディオシステムや、Stellanovaをヘッドホンアンプとして活用する提案デモなども行われている。

14階ではPioneer DJの新ヘッドホンなどもアピールされていた

Stellanovaは手頃な価格とスタイリッシュなデザインの筐体に様々な機能を詰めこんだシステム。詳細はこちらからご覧いただける。

Stellanovaを使ったデスクトップオーディオシステムや、Stellanovaをヘッドホンアンプとして活用する提案デモなども行われている

関連記事