オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ハイレゾからアナログまで再生

今週末開催・秋のヘッドフォン祭にて角田郁雄氏が恒例のオーディオ試聴イベントを開催

編集部:小澤貴信
2015年10月20日
10月24日・25日に開催されるフジヤエービック主催「秋のヘッドフォン祭2015」にて、恒例となったオーディオ評論家・角田郁雄氏による最新・注目のオーディオ製品のサウンドを楽しめるオーディオ試聴イベントが今回も2日間にわたって開催される。

角田郁雄氏

今回のテーマは「いつでも好きなメディアを高品位に楽しめる時代が来た! − ハイレゾ、CD、SACD、LPレコードを『いい音』で楽しもう」。下記のように2日間・合計5講演において、注目のネットワークプレーヤーやUSB-DACから、ディスクプレーヤー、アナログプレーヤーに至るまでを用いて、様々なメディアを“いい音”で楽しめるシステムを紹介していく。

ヘッドホンを楽しむユーザーにも、一方でぜひスピーカーを鳴らして楽しむオーディオの魅力を体験してほしいと、「ヘッドホン祭」毎に企画されてきた本イベント。会場で最高峰のサウンドを味わってみてはいかがだろうか。イベントの詳細は以下の通り。

■イベント名
「いつでも好きなメディアを高品位に楽しめる時代が来た!
− ハイレゾ、CD、SACD、LPレコードを『いい音』で楽しもう」


■主催・講師:角田郁雄氏

■会場:中野サンプラザ 15階 <フォレスト>

■イベント各回の内容
10月24日(土曜日)

・12:30〜13:50
「ラックスマンのハイエンドモデルで、ハイレゾ、SACD、レコードを楽しもう」
【使用機材】デジタルプレーヤー:LUXMAN「D-08u」、アナログプレーヤー:LUXMAN「PD-171A」、フォノイコライザー:LUXMAN「EQ-500」など
【内容】ラックスマンの各製品でハイレゾ、SACD、レコードを再生します。

・14:30〜16:00
「スフォルツァート・ネットワークプレーヤーのフルモデルの音を聴く。 − バッファローのNAS『DELA N1Z』を使用」
【使用機材】ネットワークプレーヤー:SFORZATO「DSP-01」「DSP-03」「DSP-05」
【内容】10MHz高精度クロック「PMC-01BVA」「PMC-03」を使って聴き比べします。

・16:30〜17:30
「イギリス CHORD『HugoTT』の魅力に迫る」
【使用機材】CHORD「HugoTT」
【内容】HugoTTのハイレゾ再生の他、CDトランスポートと組み合わせてCDも再生します。

10月25日(日曜日)

・11:30〜12:50
「LPレコードを楽しもう!」
【使用機材】ラックスマンのアナログ再生システムを使用。※コルグのニューモデルによるハイレゾ録音と再生も行います。レコード再生を始めたい方、初心者も大歓迎!

・14:00〜16:30
「DSDの音を探る」
【使用機材】MYTEK「Manhattan DAC」、PS Audio「Direct Stream DAC」、CHORD「HugoTT」、Playback Designs「MPS-5 Limited」、SFORZATO「
DSP-01」など。 
【内容】噂の11.2MHz DSDや384kHz/32bitの音源も再生します。

※スピーカー:ウィーンアコースティック、モニターオーディオを予定。
※当日、都合により使用機材の変更、使用中止となる場合があり。

関連記事