オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
段ボール製フィルターのミニマムスピーカーも

<音展>REVOXのアルミ筐体トールボーイ/“ジャズ専用”スピーカー「jazzman」

編集部:杉浦 みな子
2015年10月16日
「オーディオ・ホームシアター展2015(音展)」が10月16日(金)〜18日(日)に東京・お台場の「TIME24」で開催されている。本記事では、会場2階に出展していたイースタンサウンドファクトリー/Teragaki-Labo/ファルコンラブ/オーロラサウンド/クラフトノーツ/WRAPSOUN'/jazzman/六本木工学の出展内容をレポートする。

■イースタンサウンドファクトリー/Teragaki-Labo/ファルコンラブ/オーロラサウンド

イースタンサウンドファクトリーは、同社が取り扱うREVOXブランドのアルミ製キャビネットスピーカー“Re:sound S series”の試聴デモを実施。特に、3ウェイ・6スピーカー構成のフラグシップモデル「Re:sound S prestige」をメインにアピールしている。

REVOXブランドのアルミ製キャビネットスピーカー“Re:sound S series”

Teragaki-Laboは、同社が開発する“寺垣スピーカー”から、開発中の新モデルを使ったデモを開催している。寺垣スピーカーの内部は、土台とドライバーを固定した支柱、ドライバーに固定された振動板によって構成しており、360度無指向性サウンドが特徴となる。

現在開発中の新しい“寺垣スピーカー”

“寺垣スピーカー”の背面部

ファルコンラブは、同社のフラグシップスピーカー「Model:707」をメインにしたデモを実施。Model:707は、低音用に300mmのハイブリットパルプコーンウーファーを3基搭載するモデルで、中域用に50mmピュアチタンコンプレッションドライバー、高域用に25mmバランスド・ドライブトゥイーターを1基ずつ搭載する。この3ウェイ・5スピーカー構成による全指向性サウンドが特徴となる。

中央にあるのがModel:707

来年1月発売を予定している新モデル「Model:401(左)」と、「Model:B01(右)も公開していた」

オーロラサウンドは、11月1日の発売を予定している真空管パワーアンプ「PADA(関連ニュース)」をメインにフィーチャーしたデモを実施している。PADAは、真空管とトランジスタを使ったハイブリッド構成のパワーアンプで、出力管はEL34の三極管接続を採用している。

オーロラサウンドブースのようす

PADA

■クラフトノーツ/WRAPSOUN'/jazzman/六本木工学

クラフトノーツは、ミニマムなデザインの小型スピーカー「OT-360」をアピール。本機はスピーカービルダー芹川明義氏が手掛けている“オープンスルー方式”のスピーカーで、後面開放型のユニット内部に段ボール製の独自フィルターを設置することで、逆位相音の乱れを制御するという仕組み。これによって再生帯域のエネルギーをフラットに保ち、フロントとリアそれぞれから放射される音の整合を行っている。本機を手掛けている(株)ミヤザワは段ボール製品の販売を行っている会社であり、本スピーカーには自社の段ボールを使用している。

OT-360


OT-360の背面端子部

内部に段ボール製フィルターが配置されているのが見える
WRAPSOUN'は、八角形の個性的な形状をしたスピーカー「Reference8」のデモを実施。内部には4インチフルレンジユニットを採用しており、隣接したユニットのフェーズ位相によって単体でサラウンド再生を実現できるように開発された製品となる。フレームとエンクロージャーにはアルミ材を採用しており、同じ金属を採用することでエンクロージャーとの接合部で発生する不協和音を抑えた。

Reference8のデモを実施

jazzmanは、低音再生能力を高め“ジャズ専用”を謳うスピーカー“jazzman”シリーズのデモを開催している。バイオリンの音を発生させる原理を応用したという「歪振動発生システム」を採用し、先が円錐形となった可動部分から点接続で振動板へ振動を伝える構造としている。

“jazzman”シリーズ

六本木工学は、同社がこれまでに麻布オーディオと手掛けてきたスピーカーユニットの開発・供給体制をもとに、同社が開発したユニットを採用して独自製造したスピーカーシステム「超ハイコストパフォーマンスシリーズ」を強力にアピール。各種の試聴デモを実施している。

六本木工学ブースのようす

関連記事