オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
講師は海上忍氏

「ラズパイオーディオ」試聴イベント、クリプトンが“音展”で開催。ラズパイ高音質化アクセサリーも登場

編集部:小澤貴信
2015年10月15日
明日16日より開幕する“音展”「オーディオ&ホームシアター展 2015」に出展するクリプトンは、評論家の海上忍氏を迎えて、Raspberry Piで自作する「ラズパイ・オーディオ」をテーマとしたイベントを実施する。イベントでは、クリプトンが試作した「ラズパイオーディオ」向けアクセサリーも登場する予定だ。

“ラズパイ”と組み合わせてデモ予定のKS-7HQM

別売のケースに収めたRaspberry Pi。基板単体で販売されている。基板単体で価格は税込み5千円程度となる

「ラズパイ・オーディオ」とは、手のひらに乗るほどの大きさの“ワンボードコンピューター”「Raspberry Pi」(ラズパイ)で構築するオーディオシステムのこと。基板のみでケースもない“ラズパイ”をしかるべき手順で設定することで、高音質再生を行える。詳細についてはこちらの記事で紹介している。

海上氏は以前にこの「ラズパイオーディオ」をクリプトンに持ち込み、同社のオーディオ開発陣と意見交換を行った。その模様はこちらの記事でも紹介している。そして今回の“音展”にて、ラズパイオーディオの魅力を、クリプトンの製品と組み合わせて体感するイベントが実施されることとなった。

クリプトン試聴室で行われたラズパイオーディオの検証の様子

イベントでは、“ラズパイオーディオ”の概念や基本的な構築方法の紹介に合わせて、クリプトン製品と組み合わせることでさらなる高音質と発展性を実現できるラズパイオーディオの世界が紹介される。

“ラズパイ”で再生したハイレゾ音源をクリプトンのフラグシップスピーカー「KX-1000P」で鳴らしてその潜在能力を検証。同社のハイレゾ対応アクティブスピーカー「KS-7HQM」とラズパイオーディオを組みあわせることで実現するネットワーク再生システムも紹介する。

さらには、クリプトンが開発中というラズパイオーディオ向け高音質化アクセサリーの試作品も参考出展される予定とのこと。“音展”ではぜひ、クリプトン製品で広がる“ラズパイオーディオ”の可能性を体感してほしい。イベント開催日時は以下の通り。

■クリプトン「ラズパイオーディオ」イベント概要
講師:海上忍氏
場所:2F「G」
開催時間:
16日(金) 16:00〜17:30
17日(土) 16:00〜17:30
18日(日) 14:30〜16:00

音展の開催概要はこちら

関連記事