オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
オヤイデはケーブル比較試聴を実施

<音展>ヤマハ、新フラグシップ「YSP-5600」初披露/アイ・オーの最上位オーディオNAS“fidata”登場

編集部:杉浦 みな子
2015年10月16日
「オーディオ・ホームシアター展2015(音展)」が10月16日(金)〜18日(日)に東京・お台場の「TIME24」で開催されている。本記事では、ヤマハ、アイ・オー・データ機器、オヤイデ電気の出展内容をレポートする。

■ヤマハ

ヤマハのブースでは、サウンドバー“YSPシリーズ”の新モデルとして昨日発表されたばかりのフラグシップ機「YSP-5600(関連ニュース)」が初披露されている。

ヤマハブースのようす

YSP-5600

YSP-5600は、サウンドバーとして世界で初めてドルビーアトモス/DTS:Xに対応するモデル。垂直に配置させたアレイスピーカーを左右に6基ずつ搭載しており、上向きにビームを発して天井の反射を利用することで、ハイト方向の2ch音声を創出する。

YSP-5600を横から見たところ

スピーカー部。垂直に配置させたアレイスピーカーを左右に6基ずつ搭載する

今回の音展では、YSP-5600によるドルビーアトモスコンテンツの再生を実施しており、上方向の音を作り出す本機の再生能力が初披露された形となる。実際にデモを体験した来場者からは「本当にこの臨場感のある音がサウンドバー単体から出ているのか?」と驚きの声もきかれるほどだった。

なお、同社ブースでは、最新のフラグシップAVプリアンプ「CX-A5100」を使った11.2ch環境も用意。上述のYSP-5600のデモと、CX-A5100によるドルビーアトモス再生デモを交互に行っている。

ブースでは、最新のフラグシップAVプリアンプ「CX-A5100」を使った11.2ch環境も


■アイ・オー・データ機器

アイ・オー・データ機器は、先日公式発表したばかりのハイエンドオーディオNAS“fidata”「HFAS1(関連ニュース)」のデモを実施している。

“fidata”「HFAS1」

HDDモデルの内部も特別に公開している

HFAS1は、昨年の「オーディオ・ホームシアター展」で開発がアナウンスされていた。そこからちょうど一年後の今年の音展で、ついに正式な製品版が登場した形となる。会場ではDALIの「EPICON6」を組み合わせて再生を行っている。

試聴デモのようす

なおブース内では、Phile-webならびに音元出版刊行媒体で活躍中のオーディオ評論家・土方久明氏と逆木一氏によるイベントも開催。土方氏による「究極のオーディオサーバー“fidata”を徹底解説」、逆木氏による「fidataが示す理想のネットワークオーディオ・サーバー像」と題した内容をそれぞれ実施している。


■オヤイデ電気

オヤイデ電気のブースでは、同社が開発した新導体102 SSCを採用したケーブル製品のデモを実施。“オーディオみじんこ”こと同社の荒川敬氏のナビゲートにより、フラグシップ「TSUNAMI」シリーズや「ACROSS」シリーズなどの比較試聴を行っている。

オヤイデ電気ブースのようす

荒川氏のナビゲートでケーブルの比較試聴を実施

関連記事