オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

ソニー、“音展”にて角田郁雄氏による「ハイレゾオーディオ・セミナー」を開催 - 18日(日)11時より

ファイル・ウェブ編集部
2015年10月15日
ソニーは、明日16日から開幕する“音展”「オーディオ・ホームシアター展2015」の出展内容を発表。ハイレゾ対応オーディオ製品や4Kプロジェクターなどのホームシアター製品の出展を行う。また18日には、オーディオ評論家の角田郁雄氏による「ハイレゾリューションオーディオ・セミナー」を開催する。

角田郁雄氏

ソニー「HAP-Z1ES」

角田氏による講演の開催時間は18日(日) 11:00〜12:00。「ハイレゾオーディオ」をテーマに、ソニーのHDDオーディオプレーヤー「HAP-Z1ES」などを取り上げ、講演および試聴が行われる予定だ。なお、入場は整理券番号順で、整理券は18日朝10:00より18階ソニー試聴室にて配布される。

ソニーは期間中、1F「HALL2」と18F「183」の2ヶ所にブースを展開。1F「HALL2」では「ハイレゾ対応ウォークマン、ヘッドホン、システムステレオ」ブースと題して、ハイレゾ対応ウォークマンや、ノイズキャンセリング機能搭載のハイレゾ対応ヘッドホン、セパレートタイプの高音質Bluetoothスピーカーシステムなどを出展する。

18F「183」においては「コンポーネントオーディオ・4Kホームシアター」試聴ブースを出展。HDDオーディオプレーヤー「HAP-Z1ES」を中心としたコンポーネントオーディオ商品によるハイレゾ試聴会や、HDRコンテンツの表示に対応したプロジェクター新製品による4Kホームシアター視聴会を開催する。

関連記事