オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
Mac版も遅れてアプデ予定

パイオニア、Stellanova用アプリWin版アップデート。USB機器との自動接続に対応

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:杉浦 みな子
2015年06月18日
パイオニアは、ハイレゾのワイヤレス再生に対応した五角形の小型コンポ「Stellanova」について、Windows版アプリケーション「Pioneer Wireless Connect」の最新ver.1.0.5を配布開始した。対応OSは、Windows 8.1/8/7/Vista。今回のアップデートにより、USB機器との自動接続に対応した。

Stellanova

「Stellanova」は、専用アプリをインストールしたiPhone/iPadやPC(Windows/Mac)をソースに、ワイヤレスでハイレゾ再生したり、CDをリッピングしたりできるシステム(関連ニュース)。アンプ内蔵USB-DACとワイヤレスユニット、アクティブスピーカーがセットになった「Stellanova」(実売・税抜70,000円前後)と、アンプ内蔵USB-DACとアクティブスピーカーがセットになった「Stellanova Lite」(実売・税抜47,000円前後)をラインナップし、アンプ内蔵USB-DACとワイヤレスユニットの単品販売も行っている。

Stellanovaシリーズのワイヤレスユニット「APS-WF02J」およびUSB-DAC内蔵アンプ「APS-DA101J」と組み合わせることで、5.6/2.8MHz DSDを含むハイレゾ音源をワイヤレス再生することができる。

なお、Mac版のアップデートも少し遅れて予定しているとのこと。

関連記事