オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
実用最大出力は580W+580W(2Ω)

エソテリック、Grandioso M1直系の準旗艦ステレオ・パワーアンプ「S-02」

編集部:小澤貴信
2015年03月31日
エソテリックは、Grandiosoシリーズに次ぐ準フラグシップとなるステレオ・パワーアンプ「S-02」を4月1日より発売する。価格は1,400,000円(税抜)。本機と対になるプリアンプ「C-02X」も同時に発売される(C-02Xの詳細はこちら)。

S-02

同社のフラグシップ「Grandioso」のモノラル・パワーアンプ「M1」の思想を受け継ぎつつ、スペースファクターも高めたステレオ・パワーアンプ。デュアル・モノラル構成をとり、同社最新のオーディオ回路技術を多数採用する。

定格出力は145W+145W(8Ω)、290W+290W(4Ω)。実用最大出力は580W+580W(2Ω)を実現。スピーカーの急激なインピーダンス変化に対してリニアに追随できる電源供給能力を実現するために、電源部に最大限の物量を投入。結果、8Ω負荷から2Ω負荷まで理論値に沿ったパワーリニアリティーを可能とし、音楽のダイナミクスを忠実に表現することができるという。

背面端子部

S-02の筐体内部

このパワーリニアリティーを支えるのが大容量カスタム電源トランスとなる。S-02では音質から検討してEI方式のトランスを採用。940VAの大型コアは巻き線から左右チャンネルを独立させ、内部の5mm鋼板製のベース部にリジッドにマウント。音のピュアネスを追求した。電源部のコンデンサーについては、チャンネルごとに4,700μF×3パラレルを搭載したデュアルモノ構成。充放電時間をハイスピード化することで、引き締まった音質を実現したという。電源部の配線は全て極太ケーブルをボルト接続することで、低インピーダンス化を徹底した。

EI方式の大容量カスタムトランスを搭載

S-02はスピーカー駆動能力を高めるために、アンプの出力インピーダンスを極力下げる工夫が施された。全段でチャンネルごとに9本のバスバーを使用し、出力段のコイルを省略するなど、ここでも低インピーダンス化を徹底。シンプルかつワイドレンジな回路設計とした。結果、ダンピングファクターは1000を達成。大口径ウーファーも正確に制動することができるという。

入力段にはバランス構成を採用することで純度の高い信号増幅も実現した。バランス設計の入力バッファーアンプで信号を受け、増幅段までの信号経路を低インピーダンスにてバランス伝送。ノイズのないクリーンな信号増幅を可能とすることで、聴感上のダイナミックレンジを改善し、音楽表現における階調をより繊細にすることを狙った。

パワーアンプモジュールには、大型バイポーラLAPT素子を5パラレル・プッシュプルとした3段ダーリントン構成を採用。バイポーラ素子の優れた高域特性を素直に引き出すため、部品点数やパラレル数を極力減らしたシンプルな増幅回路とした。ここで採用されたバイポーラLAPT素子は連続動作17アンペア、瞬間動作34アンペアの電流供給能力を持っており、高出力に加えて優れた高域特性を可能にする。

高性能バイポーラLAPTトランジスターを採用

電流増幅段の初段および2段目には、2段目から最終段への出力インピーダンスを下げ、電流供給能力を高めるために独自のLIDSC(Low Impedance Drive Stage Coupling)回路を採用。電源電圧内で最大の振幅が得られるため歪が低減できるとともに、モノラル・パワーアンプに肉薄する駆動力を獲得したとのこと。増幅回路は可能な限りシンプルに設計され、前段の裸ゲインを小さくすることによりNFB(負帰還)を極力抑え、生命感みなぎるナチュラルな音質を実現した。

入力段から微弱な信号を受ける電圧増幅段には、電流変動の大きい電流増幅段の影響を受けないように専用のトロイダル電源トランスと電源回路を装備。これにより前段への安定的な電源を確保している。

電圧増幅段には専用のトロイダル電源トランスと電源回路を装備

各所に搭載したパーツについても特性および聴感の両面からハイグレード品を厳選した。XLR/RCA入力端子には高信頼性品を採用。スピーカー端子にはドイツWBT社製のものを用いている。さらに高周波特性に優れた低インピーダンスの電解コンデンサー、トランジスターなどハイグレード部品を随所に採用する。

シャーシは同社伝統の2層式シャーシ構成。2mm鋼板の堅牢な内部構造体は、回路ブロックごとに専用コンパートメント化され、最短の経路で信号増幅できるよう設計されている。ブロック化された内部構造体は肉厚アルミパネルで包囲し、5mm鋼材を採用したボトムシャーシ、独自のピンポイントフットで4点支持。筐体の高剛性・無共振化を徹底した。

周波数特性は5Hz〜100kHz(+0dB、-3dB、8Ω)、S/Nは115dB(IHF-A)、全高調波歪率0.003%(1kHz、8Ω、145W)。消費電力は440W(無信号時160W)、外形寸法445W×221.5H×489.6Dmm、質量は48kgとなる。
新着記事を見る
  • ジャンルパワーアンプ
  • ブランドESOTERIC
  • 型番S-02
  • 発売日2015年4月1日
  • 価格¥1,400,000(税抜)
【SPEC】●定格出力:145W+145W(8Ω)、290W+290W(4Ω) ●実用最大出力:580W+580W(2Ω) ●周波数特性:5Hz〜100kHz(+0dB、-3dB、8Ω) ●S/N比:115dB(IHF-A) ●全高調波歪率:0.003%(1kHz、8Ω、145W) ●ゲイン:29dB ●入力端子:RCA×1、XLR×1 ●入力インピーダンス:RCA…22kΩ、XLR…44kΩ ●消費電力:440W(無信号時160W) ●外形寸法:445W×221.5H×489.6Dmm ●質量:48kg

関連記事