オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
HF PlayerのAndroid版トライアル提供とe-onkyo musicスマホサイトも開始

オンキヨー、スマホ購入したハイレゾを直接DLできるNAS開発 − “PCレスでハイレゾ”促進

ファイル・ウェブ編集部
2014年10月16日
オンキヨーは、ハイレゾ配信サイト「e-onkyo music」の購入音源を、PCレスで直接ダウンロードできる「ダウンローダー機能」を搭載したオーディオ向けNASを、QNAPと共同開発したと発表した。2014年度内の製品化を目標にしているという。価格等の詳細は未定。

オンキヨーとQNAPが共同開発中という、e-onkyoからの直接DLに対応したNAS

既報の通り、同社ではPCレスでe-onkyo musicのハイレゾ音源を楽しめる環境を促進するために取り組んでいる。

“PCレスでハイレゾ”を促進

これに伴い、本日よりe-onkyo musicのスマホ向けサイトが開設され、ハイレゾ音源の閲覧、試聴、検索、購入、ダウンロードまでの一連の操作をスマホのみで行えるようになった。基本的にはPC版の機能を移行しており、アーティストインタビューなどを掲載する「NEWS PAGE」や、ログイン後に購入履歴や試聴履歴が確認できる「マイページ」などのメニューを備えている。なお、iPhone/iPadでは、ダウンロード機能には非対応。

加えて、かねてより予告していたハイレゾ再生対応アプリ「Onkyo HF Player」のAndroid向けTrial版も本日公開した。対応OSはAndroid 4.1以上。本アプリは、DSD/FLAC/WAVなどのハイレゾ音源再生が可能で、アーティストイコライザー機能を搭載するほか、e-onkyo musicへのリンクも用意しており、簡単にハイレゾ音源のダウンロードが行える。なお現時点では88.2kHz以上の音源は44.1kHzにダウンサンプリングして再生される形となるが、年末には、対応するAndroid端末から外部機器へのハイレゾ出力を可能にする機能を搭載予定としている。

なお、上述のオーディオNASとOnkyo HF Playerアプリを連動させる初期設定をしておけば、外出先でスマホから購入したハイレゾ音源を自動でNAS側にもダウンロードさせられる。ほかにも、AOA 2.0対応のAndroid端末であれば、ポタアン「DAC-HA200」とデジタル接続が可能。

なお、これらの新製品およびサービスについては、17日より東京・台場「TIME 24」にて開催される「オーディオ・ホームシアター展(音展)」のオンキヨーブースでも公開される予定とのことだ。

関連リンク

関連記事