オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ヘッドホンアンプ/USB-DAC/USB-DDC/プリアンプ機能を搭載

izo、“zTune-II”システム採用の“オールインワン”ヘッドホンアンプ「iHA-21EX-ZII」

ファイル・ウェブ編集部
2014年08月19日
(株)izoは、同社とzionoteが共同開発したOPA627専用のフルカスタムプレミアムチューニングシステム最新版「zTune-II」を採用するヘッドホンアンプ「iHA-21EX-ZII」を8月29日より50台限定で発売開始する。価格はオープンだが、133,000円前後での実売が予想される。

iHA-21EX-ZII

iHA-21EX-ZIIの背面端子部

従来モデル「iHA-21EX-z(関連ニュース)」の後継機にあたるモデルで、ヘッドホンアンプ/USB-DAC/USB-DDC/プリアンプ機能を搭載する“オールインワン”タイプの製品。

音声入力端子はUSB/同軸デジタル/光デジタル/アナログRCAの4系統を備えている。USB接続時はアシンクロナス伝送に対応しており、最大192kHz/24bitまでのハイレゾ音源に対応。ASIOもサポートしている。音声出力端子はヘッドホン/ラインの2系統を装備しており、それぞれの個別出力または2系統同時出力が行える。

本機に採用されているzTune-IIは、両社が昨年6月に開発した「zTune」をベースに、DAC部音質のアップグレードに重点をおいて部品の変更などを行い進化させたという最新チューニングシステム。このzTune-IIを採用することにより、強く透明感のある低域と伸びやかで美しい高域、聴き心地の良い美しいヴォーカル、より臨場感あふれるハイクオリティなサウンドを実現するとしている。

使用パーツにもこだわっており、アンプ部にはハイエンドオペアンプ「OPA627BM」や「MUSES02」などを標準搭載。加えて金メッキPCBを採用するなど、従来モデル「iHA-21EX-z」からさらに高音質化を図った。

なお、同社製品用の電源ユニットと「iPSU-1」との組み合わせも可能。なお、従来モデルiHA-21EX-zではiPSU-1も商品に同梱していたが、本機ではオプションとすることで製品価格を抑えている。

【問い合わせ先】
(株)izo
MAIL/info@izo.co.jp

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドIZO
  • 型番iHA-21EX-ZII
  • 発売日2014年8月29日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格133,000円前後)
【SPEC】●S/N比:118dB以上 ●ダイナミックレンジ:132dB ●全高調波歪率:THD+N0.005%(20〜20kHz、100mW出力時、32Ω負荷) ●入力感度/インピーダンス:49kΩ ●定格出力(20Hz〜20kHz、0.025%):500mW+500mW(64Ω負荷)、60mW+60mW(600Ω負荷) ●対応OS:Windows 8/7(32bit/64bit)/Vista(32bit/64bit)/XP、Mac OS X 10.6以降 ●入力端子:アナログRCA(アンバランス)×1、デジタル×3 ●出力端子:ヘッドホン×1、RCA(アナログアンバランス)×1、同軸デジタル×1 ●消費電力:最大22W(待機時1W) ●外形寸法:147W×43H×180Dmm ●質量:1kg

関連記事