オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
MMCXと平行2ピンを用意

Beat Audio、赤色導体リケーブル「Vermilion」の2.5mm 4極端子モデル

ファイル・ウェブ編集部
2014年07月22日
ミックスウェーブ(株)は、Beat Audioのイヤホン用交換ケーブル「Vermilion」の新モデルとして、Astell&KernのAKシリーズとバランス接続できる2.5mm 4極端子搭載モデルを7月24日に発売する。価格はオープンだが、37,900円前後での実売が予想される。

Vermilion(2.5mm 4極端子搭載モデル)

高純度無酸素銅(OCC OFC)に少量のミネラルを含ませた独自の赤色導体を採用している点が特徴のイヤホンケーブル。これまでに、入力端子が4ピンバランス/3.5mmステレオミニの2種類をラインナップしており、今回2.5mm 4極端子モデルが追加された形となる。

イヤホン接続部の端子形状は、MMCX/カスタム用(平行2ピン)の2種類を用意している。なお、先日開催の「ポタ研」では、このほかにFitEar用モデルも用意されていた(関連ニュース)。

【問い合わせ先】
ミックスウェーブ
TEL/03-6804-1681

関連記事