標準モデルは170万円

OCTAVE、別売モジュールでカスタマイズできる真空管プリアンプ「HP700」

2014/07/03 ファイル・ウェブ編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
フューレンコーディネートは、独OCTAVEのモジュール式真空管プリアンプ新モデル「HP700」を発売した。外部電源をセットにした標準モデルが170万円(税抜)で、RCA MM モジュールやバランスフォノ入力 ラインレベルトランスモジュールなど各種モジュールや、フォノRIAAなどのオプションを別途用意している。

HP700

選択可能な出力インピーダンスと、それらを組み合わせた3段階のゲイン設定が可能。同社では、3段階のゲイン設定により「スピーカーの能率と音量コントロールの最適な調和が実現できる」とするほか、「出力インピーダンスを選択する機能はケーブル特性、ケーブル長、ケーブル容量、並びに出力段の感度を最適化し、組み合わせるパワーアンプとのマッチングを最良のものにする」としている。

オプションモジュールを組み込んで機能をカスタマイズ可能

外付け電源供給ユニットは、新規開発した供給電圧安定化回路を採用。給電されるAC電源電圧が大幅な揺らぎや高いレベルの干渉が発生した場合にもオーディオ出力の均等化を確保するという。

背面端子部

マルチチャンネルバイパス機能も備え、ホームシアターシステムに組み込むことも可能。入力セレクター回路は、背面パネルのXLRまたはフォノ入力のバイパス機能を選択することができる。

端子類は、標準で2系統のRCA出力と1系統のXLR出力を装備。XLR出力はトランスバランスされ直流的に絶縁されている。入力にはRCA 3系統、XLR 2系統、RCAホームシアター 1系統を備えている。

Lineステージは出力インピーダンスが100/300Ω(RCA)/150Ω(XLR)で、ゲインが25/18/12dB、SN比が-106–92dB、周波数特性が10Hz〜200kHz - 0.2dB。PhonoステージはSN 比が- 80 / - 87 dBで、ゲインが60 / 68 dB、サブソニックフィルタが20 Hz / - 3 dB。

オプションの種類と価格は下記の通り。

・フォノRIAA ¥180,000(税抜)
・トーンコントロール ¥370,000(税抜)
・ステップ・アッテネーター ¥370,000(税抜)

・MM:RCA モジュール ¥62,000(税抜)
・MC:RCA モジュール ¥86,000(税抜)
・MC:XLR モジュール ¥86,000(税抜)
・LINE Level:RCA/ XLRモジュール ¥86,000(税抜)
・低出力/中・高出力MCカートリッジ用ステップアップトランス ¥300,000(税抜)
・バランスフォノ入力 MC : ステップアップトランスモジュール ¥300,000(税抜)
・バランスフォノ入力 ラインレベルトランスモジュール ¥135,000(税抜)

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク

トピック

新着記事を見る
  • ジャンルプリアンプ
  • ブランドOCTAVE
  • 型番HP700
  • 発売日2014年7月
  • 価格¥1,700,000(税抜)
【SPEC】●出力端子:RCA×2、XLR×1 ●入力端子:RCA×3、XLR×2、RCAホームシアター×1 ●出力インピーダンス:100/300Ω(RCA)/150Ω(XLR) ●ゲイン:Line…25/18/12dB、Phono…60/68dB ●S/N比:Line…-106/-92dB、Phono…-80/-87dB ●周波数特性:10Hz〜200kHz -0.2dB