オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
別筐体電源の2ユニット型

エソテリック、250万円のフラグシッププリアンプ「Grandioso C1」

ファイル・ウェブ編集部
2014年08月08日
エソテリック(株)は、電源を別筐体とした2ユニット型のフラグシッププリアンプ「Grandioso C1」を9月1日に発売する。価格は2,500,000円(税抜)。

Grandioso C1

Grandioso C1の背面端子部

エソテリックの旗艦オーディオシステム“Grandiosoシリーズ”に新しくラインナップされたプリアンプ。入力端子はXLR×3、RCA×2を装備する。内部は、増幅部およびDCパワーサプライまで全て左右独立構造としており、ACパワーケーブルを含む全コンポーネントをモノブロックで構成している。

電源部は、デュアルAC入力/デュアルDC出力の左右独立コンストラクションとし、合計5基の大型電源トランス、大容量ブロックコンデンサー、SiC(シリコンカーバイド)ショットキーバリアダイオードなど、高品位部品を採用している。

メインユニットは、モノブロック・プリアンプモジュール2基とロジック系コントロールモジュールで構成。プリアンプモジュールは入力アンプと出力アンプを上下2層に重ねたモノブロック構成とし、信号経路の最短化を図っている。また、モジュールのマウントには、SACDプレーヤーの機構開発で培った技術を採用。サスペンションプレート(板バネ)を使ってモノブロック・モジュール2基をフローティングさせた左右独立構成としている。

モノラル構成の回路ブロックは、入力バッファー回路部・ボリュームコントロール部・ハイスピード出力バッファー回路部を3次元的に最短経路で接続する設計を採用。入力系統ごとに専用の入力バッファーアンプで信号を受け、ここから全段バランス構成としてコモンモードノイズの抑制と信号の低インピーダンス化を行う。

出力には、パワーアンプを強力に駆動するという出力バッファー回路「ESOTERIC-HCLD」を採用しており、スルーレート2000V/μsの高性能素子を使用。バッファー回路は出力ラインごとに独立し、XLR出力の場合はホット/コールドそれぞれにシンメトリー構成とすることで、瞬間的な電流供給能力を最大化している。また、バッファー回路の直近には新安定化電源としてEDLC(スーパーキャパシター)アレイを採用している。

また、フロントパネルに内蔵するロジック系コントロール部は、プリアンプモジュールとの接続にフォトカプラを使用して、物理的・電気的にアイソレーションを施している。また、低ノイズのオペレーションを実現するため、操作時以外は回路を完全停止する。

ボリュームには、合計4回路のラダー抵抗切替型ボリュームを一括連動する「ESOTERIC-QVCS」を採用。これにより、オーディオ信号の左右、正負の独立を保ち、チャンネルセパレーションと位相特性に優れたクリアな音質を実現するとしている。ボリュームノブと入力セレクターは、無垢のアルミブロックから削り出し製造した。

筐体サイズは、メインユニットが外形寸法445W×132H×457Dmm(突起部含む)/質量21kgで、電源ユニットが外形寸法445W×132H×451Dmm(突起部含む)/質量29kg。

【問い合わせ先】
エソテリック AVお客様相談室
TEL/0570-000-701
新着記事を見る
  • ジャンルプリアンプ
  • ブランドESOTERIC
  • 型番Grandioso C1
  • 発売日2014年9月1日
  • 価格¥2,500,000(税抜)
【SPEC】●入力端子:XLR×3、RCA×2 ●入力インピーダンス:10kΩ ●入力感度:510mV(定格出力時) ●出力端子:XLR×2 ●出力インピーダンス:XLR…66Ω、RCA…47Ω ●全高調波歪率:XLR…0.0004%、RCA…0.0006% ●周波数特性:1Hz〜200kHz(-3dB)、3Hz〜50kHz(-0.2dB) ●S/N比:116dB ●ゲイン:+12dB ●定格出力:2V ●消費電力:25W ●外形寸法:本体…445W×132H×457Dmm、電源部…445W×132H×451Dmm(共に突起部含む) ●質量:本体…21kg、電源部…29kg

関連記事