オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
プリメイン「AI-301DA」に最適なチューニング

ティアック、“Reference 301”の同軸2ウェイスピーカー「LS-301」

ファイル・ウェブ編集部
2014年02月05日
ティアックは、ハイレゾ音源再生に対応したオーディオ機器“Reference シリーズ”の新モデルとして、「Reference 301シリーズ」を発表。USB-DAC「UD-301」、プリメインアンプ「AI-301DA」、スピーカー「LS-301」を3月中旬から順次発売する。本稿ではスピーカー「LS-301」について紹介する。

LS-301(ブラック)

「LS-301」は、プリメインアンプ「AI-301DA」にマッチするよう開発された同軸2ウェイスピーカー。3月下旬発売で、価格はオープンだが29,800円前後での実売が予想される。カラーバリエーションとしてブラックとチェリーの2色を用意している。「UD-301」および「AI-301DA」とともにCESで展示されていたモデル(関連ニュース)が正式に発表された格好だ。

LS-301(チェリー)

「S-300NEO」(関連ニュース)で培ったノウハウを活かして開発しており、同様に「Air Dump Center Pole System」を採用。一般的にウーファーとトゥイーターが同一フレーム上にマウントされた同軸ユニットでは、より強固でエネルギーバランスに優れたフレームが必要になるが、同システムによってウーファーの運動エネルギー確実に空気振動へ変換。これによってトゥイーターへの影響を最小限に抑えられる。

「AI-301DA」との組み合わせイメージ

またリア側に配置されたバスレフポートは、エンクロージャー内の空気の流れが最適なバスレフ効果を生み出すよう、バスレフダクトの位置やサイズを綿密に設計したとしており、これによっても高音質化を図っている。

ウーファーに10cm コーン、トゥイーターに2cmソフトドーム型ユニットを採用。周波数特性はハイレゾ再生に対応するべく、40kHzまでの高域に対応させているほか、「AI-301DA」に最適なチューニングを施すことで「デスクトップにハイレゾ環境を構築可能」としている。

外形寸法は161Wx 230Hx207Dmmで、質量が2.7kg。定格入力は20Wで、最大許容入力が50W、インピーダンスは6Ω。
新着記事を見る
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドTEAC
  • 型番LS-301
  • 発売日2014年3月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格29,800円前後)
【SPEC】●型式:コアキシャル2ウェイ、リア・バスレフ方式 ●使用ユニット:高域用…2.0cmソフトドーム型、低域用…10cmコーン型 ●定格入力:20W ●最大許容入力:50W ●インピーダンス:6Ω ●出力音圧レベル:85dB/W/m ●再生周波数帯域:65Hz〜40,000Hz ●クロスオーバー周波数:3.8kHz ●外形寸法:161W×230H×207Dmm(突起含まず) ●質量:2.7kg(1台)

関連記事