オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

上海インターナショナルオーディオショウ、アコースティック・リバイブがアクセサリーデモを実施

季刊オーディオアクセサリー編集部
2013年11月03日
「上海インターナショナルオーディオショウ」では、ケーブルやアクセサリー類の展示が極端に少ない。ドイツのブランドであるJIBがケーブルを大量に展示していたが、このブランドは日本に導入されていない。ちなみにこのブースには専任モデルが常駐していた。

JIBブースにはモデルが常駐

そんな中、日本のアクセサリーブランド、アコースティック・リバイブが、各種アクセサリーを展示し注目を浴びていた。2日目の午後からは長時間にわたるデモンストレーションも行った。

アコースティック・リバイブは長時間に渡るアクセサリーのデモを実施した

このデモには、代表の石黒氏の通訳として、『現代音響』の張編集長も参加し、多くのファンが集まり比較試聴を真剣に聴いていた。効果を実体験することで、今後中国でも、アクサセリーのブームが起きるかもしれないと感じさせるほどであった。

またJVCのブースでは、4Kプロジェクターによる大画面のデモンストレーションが大々的に行われ、こちらも常に満杯状態。ホームシアターへの関心度の高さも感じ取ることができた。

JVCは4Kプロジェクターのデモを大々的に実施

関連記事