オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
端子やパーツをグレードアップ

zionote、低ノイズ化/音質対策を徹底した192/24 USB-DDC「X-DDCplus」

ファイル・ウェブ編集部
2013年02月07日
zionote(株)は、PCのUSB信号をオーディオ信号に変換するJAVSのPCオーディオ用USB-DDC「X-DDCplus」を2月9日に発売する。価格はオープンだが、19,800円前後での実売が予想される。カラーはシルバー/ブラックの2色。

X-DDCplus

X-DDCplusの背面端子部

PCからの出力信号を、光デジタル/同軸デジタル/JAVSLINKによりI2S信号に変換出力するUSB-DDC。音声入力系統にはUSB Audio Class 2.0を採用し、192kHz/24bitまでのソースに対応する。従来モデル「X-DDC(関連ニュース)」をベースにさらなる低ノイズ化を図り、伝送品質を向上させた。

従来モデルと同様にX-MOS社のX-Core Processorを採用。アシンクロナス伝送方式に対応し、XMOS DSPに内蔵されたFIFOバッファーにデータを読み込み、高精度TCXOのマスタークロックによって同期を行う。超高精度な温度補償発振回路「Ultra-Low Jitter TCXO ±1ppm Clock 1ppm」を搭載し、その他のX-MOS搭載回路よりも大幅な精度向上を図った。なお、Macで使用する場合はドライバーのインストールなどが不要で、USB接続するだけで本機を使用できる。

従来モデルからの進化点としては、まずUSB端子が変更され、USB2.0の接続性の高いコネクターを選定採用している。同軸端子も高精度パーツにグレードアップした。また、ノイズ源を根本からオミットするため、X-DDCの特徴だった液晶を非搭載としている。さらに、利便性の向上と電源品質の向上のため、あえて電源スイッチも非搭載とした。内部は、電源部をリニア仕様に変更してさらなる高精度動作設計とし、各部コンデンサーもグレードアップした。

そのほか、従来モデルの特徴も受け継いでおり、32Bitだけでなく64Bitにも対応するASIO 2.2をサポート。S/PDIFパススルーにも対応する。Windowsが出力するサウンドをビットマッチングで元信号そのまま録音可能なデジタルキャプチャー機能も備えている。I2S信号のHDMIケーブル出力も行える。

外形寸法は105W×95H×27Dmmで、質量は約200g。駆動はUSBバスパワーのほか、別売のAC電源にも対応する。本体のパイロットランプは、電源入力時にはオレンジに、再生出力時にはグリーンに点灯する。

【問い合わせ先】
zionote
TEL/050-5532-3201

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドJAVS
  • 型番X-DDCplus
  • 発売日2013年2月9日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格19,800円前後)
【SPEC】●対応OS:Windows 8/7/Vista(SP2)/XP(SP3)、Mac OS 10.6以上●外形寸法:105Wx95Hx27Dmm ●質量:200g

関連記事