オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
タッチパネル式スクリーンを搭載

フックアップ、Lynx Studio Technology社のA/D・D/Aコンバーター「HILO」

ファイル・ウェブ編集部
2012年02月20日
(株)フックアップは、Lynx Studio Technology社のタッチパネル式スクリーンを搭載した2チャンネル A/D D/Aコンバーター「HILO(ヒロ)」を3月16日より発売する。価格はオープンだが、252,000円前後での販売が予想される。


「HILO」シルバーモデル

ブラックモデルも用意
Lynx Studio Technology社のAURORAシリーズはレコーディングスタジオなどで好評を博しており、ユーザーから「シンプルな2チャンネルコンバーターとして商品化してほしい」という要望があったという。今回発売される「HILO」は、その要望のもと、機能と性能を追求して誕生した製品だという。

A/Dコンバーター、D/Aコンバーター、ヘッドホンアンプなどの機能を搭載。USB-DACとしても使用できる。今回開発されたBiLynearコンバージョンテクノロジーにより、ノイズや歪みなどを低減。また、USBやXLR、AES/EBU、S/PDIFなど豊富な入出力端子も備えている。


HILOのリア部
フロントパネルには480×272ピクセルのタッチパネル式LCDディスプレイを搭載。サンプリングレートやクロックの設定などを、このディスプレイからおこなえるとのこと。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルD/Aコンバーター
  • ブランドLYNX STUDIO TECHNOLOGY
  • 型番HILO
  • 発売日2012年3月16日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格252,000円前後)

関連記事