オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
オーグラインワイヤーを使用

山陽化成、「Cobalt X-1000」を採用した3.5mmケーブル「Blend-tune Cobalt Aug」

ファイル・ウェブ編集部
2011年10月27日
山陽化成(有)は、ポータブルヘッドホンアンプ接続用ケーブル「Blend-tune Cobalt Aug」を11月1日に発売する。価格はオープンだが、29,800円前後での実売が予想される。


「Blend-tune Cobalt Aug」
ポータブルヘッドホンアンプとDAPの接続用途を想定した3.5mmステレオミニケーブル。長さは約15cm。本体にはオーグラインワイヤーを使用し、プラグ部には特殊メッキ「Cobalt X-1000」を採用している。オーディオ帯域に悪影響を与えないプラグ内特殊フィルタとケーブル中間フィルタのダブル効果で、DACやデジタル回路、アナログ回路等へのノイズ混入を抑えるとしている。

また、iPodやソニーの“Walkman”、海外製のヘッドホンアンプなどの特殊コネクタ形状にも受注生産で対応する。価格は注文内容によって異なる。

関連記事