オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
超話題のトーンアームが堪能できるチャンス

<ハイエンドショウ2011音元出版ブース情報>9日(土)にViV laboratoryのトーンアーム「Rigid Float」を徹底に試聴

季刊アナログ編集部
2011年10月06日

ViV Laboratory「Rigid Float」
10月7日(金)13時からの3日間、有楽町の交通会館にて「ハイエンドショウ・トウキョウ2011」がいよいよ開催される。今回も音元出版は12階Bルームにブースを設け、講師やゲストを迎えたイベントを多数用意している。

最終日となる9日(土)の16:45〜は、いまアナログ界で大きな注目を集めているトーンアーム、ViV Laboratory「Rigid Float」の試聴会を開催予定。ピポットが浮遊していることにより、接点は事実上針先のみという脅威の構造を実現した本機の魅力を心ゆくまで堪能いただける時間となる予定。

また、その後17:00〜は田中伊佐資氏を講師にお迎えした「アナログ三昧」を開催。ここでもRigid Floatをレファレンスとしてさまざまな機器やレコードの試聴を行います。

なお、このRigid Floatの特別試聴会と「アナログ三昧」、2つのイベントにご参加いただき、アンケートにお応えいただいた方の中から、抽選で1名様にこの超話題のトーンアームRigid Floatがプレゼントされるとのこと。

アナログファンならば参加必須のこのイベント。ぜひともご期待いただきたい。

関連記事