オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

AA141号情報:注目のアクセサリーブランド、アンダンテラルゴの魅力に迫る

季刊・オーディオアクセサリー編集部
2011年06月10日

アンダンテラルゴのスパイクベース「サイレントマウント」。ラインアップは同社のホームページを参照してほしい

『オーディオアクセサリー141号』の特別企画「いま注目のアクセサリーブランド34」
好評発売中の『オーディオアクセサリー141号』では、特別企画として「いま注目のアクセサリーブランド図鑑」をお届けしている。

今回は、その中でも編集部イチ押しのアクセサリーブランドを紹介しよう。2006年に設立されたアンダンテ ラルゴは、主宰者である鈴木良氏が、自らの長い経験をもとに興したアクセサリーブランドだ。

“軽くて堅牢"を究極まで付き詰めたオーディオラック「リジッドテーブル」「リジッドタワー」をはじめ、精密な2重構造を採用したスパイク受けインシュレーター「サイレントマウント」、さらに独ハンル社のレコードクリーニングマシーンの輸入を手掛けるなど、確実な効果を発揮するこだわりのアイテムを開発・プロデュースしている。

新開発のオーディオラック「Rigid Tower」※Tower 503(¥415,800・右)、Tower 865 (¥499,800・左)※高さ68cmの新製品Tower684(¥462,000)も発売

今回の特集では林 正儀氏が同ブランドに関して「サイレントマウント」を中心にレポート。「一点の迷いもなく、広いキャンバスいっぱいに描かれる生き生きとした音楽は、同ブランド製品ならではの効果だ」と魅力を語っている。

さらに主宰者である鈴木良氏の開発者コメントも掲載している。ぜひご覧いただきたい。

関連記事