オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
“Master Sound Works”構想に基づいたモデル

エソテリック、セパレートアンプの技術を結集したプリメインアンプ「I-03」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2011年03月01日
エソテリック(株)は、セパレートアンプの技術を結集したプリメインアンプ「I-03」を4月1日より発売する。価格は63万円(税込)。

I-03

I-03の背面端子部

本機は、同社が掲げる「Master Sound Works = マスターサウンドワークス」構想に基づいて開発されたモデル。Master Sound Worksは、“生録によるマスターテープの感動を甦らせる”ことを目指した構想で、第一弾モデルとして管球式ステレオパワーアンプ「A-100」が、第2弾として「C-03」が既に発売されている。

シャーシは各回路ブロックを5つの専用のコンパートメントに収めて相互干渉を抑える「3Dオプティマイズド シャーシ構造」。プリアンプ基板は背面端子に最も近い専用コンパートメントに収め、オーディオ信号経路の最短化を図ったという。またパワーアンプ部は、プリアンプから最短の信号経路で繋ぎ、シャーシ左右の専用コンパートメントに配置。サイドパネルをヒートシンクとして使用することで外観の美しさと効率的な放熱を両立したという。

パワーアンプ部は実用最大出力320W+320W(6Ω)、定格出力240W+240W(6Ω)。「Esoteric MSW(=Master Sound Works) Pure Class D」パワーアンプブロックを各チャンネルに1基ずつ独立させて搭載。また、最新のMOS-FETを3パラレルプッシュプル構成で搭載している。

電源には単体で質量10kg以上の大容量カスタムトランスや、大型コンデンサーで構成されたアナログ電源回路を採用し、アンプ部を強力にドライブする。

プリアンプ部は、同社「C-03」の技術を継承。L/Rを独立基板としたデュアル・モノ構成を採用している。L/Rの基板はそれぞれ専用のシャーシコンパートメントを2mm厚のスチールプレートで分割して搭載した。

また、ボリュームコントロールアンプをL/R各チャンネルに搭載。「Esoteric DVC(=Dual-mono Volume Control)System」で一括制御することにより、優れたチャンネルセパレーションを確保したという。L/R一括制御するコントロール基板は、プリアンプとは別コンパートメントに収納し、さらに別電源化。操作を受け付けた時以外はコントロールマイコンを完全停止させるなどの機能と併せ、低ノイズ化を実現しているという。

プリアウトとレックアウトが切り替え可能なRCA出力端子を1系統搭載。バイアンプやマルチアンプ駆動も視野に入れることができる。また、本機のプリアンプ部を単体で使用できる「パワーアンプシャットダウン機能」も搭載する。

入力端子はRCA3系統(そのうち1つはAVプリ入力として、もうひとつはフォノ入力として切り替え可能)、XLR2系統。電源は100Vで、消費電力は280Wとなる。

【問い合わせ先】
エソテリック AVお客様相談室
TEL/0570-000-701

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルプリメインアンプ
  • ブランドESOTERIC
  • 型番I-03
  • 発売日2011年4月1日
  • 価格¥630,000(税込)
【SPEC】●定格出力:240W+240W(1kHz/6Ω) ●実用最大出力:320W+320W(1kHz/6Ω) ●全高調波歪率:0.03%(1kHz/6Ω) ●周波数特性:5Hz〜70kHz ●S/N比:4Ω ●適合最小インピーダンス:4Ω ●スピーカー出力端子:スクリュータイプ×1 ●入力端子:RCA×3、XLR×2 ●出力端子:RCA×1/470Ω ●電源:100V AC 50/60Hz ●消費電力:280W ●外形寸法:445W×162H×468Dmm(突起部含む) ●質量:約31g

関連記事