オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ブラックアルミ仕上げ

ポーカロ・ライン、tangent新シリーズ「EXEO」のCDP/プリメインを発売

ファイル・ウェブ編集部
2010年10月15日
ポーカロ・ラインは、tangentの新シリーズ「EXEO」2機種を10月20日に発売する。CDプレーヤーとプリメインアンプが用意される。

EXEOは、2007年国内で販売を開始したHiFi50シリーズの後継モデル。製品名と価格は以下の通り。

・「EXEO-CDP」¥OPEN(予想実売価格45,000円前後)
・「EXEO-AMP」¥OPEN(予想実売価格65,000円前後)

上:EXEO-AMP 下:EXEO-CDP

EXEO-CDPは音楽CD、CD-R/-RWなどの再生が可能。MP3を記録したCDの再生も行える。内蔵DACはウォルフソンのWM8761。前面ディスプレイはFLディスプレイで、筐体仕上げはブラックアルミニウム。

S/N比は110dBで、周波数特性は20Hz〜20kHz。外形寸法は430W×92H×275Dmm。

EXEO-AMPはクラスDアンプを備え、出力は60W×2(8Ω)、100W×2(4Ω)。A/B系統のスピーカー出力が選択できる。

ライン入力はRCAステレオが4系統で、MM/MCに両対応するフォノ入力も備えている。そのほか外部録音端子やプリアウト端子、サブウーファー出力端子も装備する。

S/N比は101dBで、周波数特性は20Hz〜20kHz。外形寸法は430W×92H×283Dmm。CDプレーヤーと同様、筐体仕上げはブラックアルミニウムとなる。

【問い合わせ先】
(株)ポーカロ・ライン
TEL/03-5625-3505
新着記事を見る
  • ジャンルCDプレーヤー/トランスポート
  • ブランドTANGENT
  • 型番EXEO-CDP
  • 発売日2010年10月20日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格45,000円前後)
【SPEC】●S/N比:111dBA ●周波数特性:+/- 0.1dB: 20-20kHz ●ダイナミックレンジ:91dBA ●デジタル光出力:可能 ●デジタル同軸出力:可能 ●内蔵DAC:Wolfoson / WM8761 ●電源:100-240V ●定格消費電力:5.6W ●外形寸法:430W×92H×275Dmm(プラグ、ノブ部分を含む)
  • ジャンルプリメインアンプ
  • ブランドTANGENT
  • 型番EXEO-AMP
  • 発売日2010年10月20日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格65,000円前後)
【SPEC】●出力:60W / 8Ω、100W / 4Ω ●S/N比:101dB ●周波数特性:20−20KHz(+/- 1dB) ●ダイナミックレンジ:100dBA ●クロストーク:-70dB ●入力:RCA 4系統 ●Phono 入力:1系統(MM / MCカートリッジ対応) ●サブウーファー出力端子:装備(ハイパスフィルター機能搭載) ●スピーカー出力端子:バインディングポスト ●外形寸法430W×92H×283Dmm(プラグ、ノブ部分を含む)

関連記事