オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ホーンスピーカー+アクティブバスホーン・システム

エソテリック、アヴァンギャルド「G2」シリーズのフラグシップ機など3システム7機種を発売

ファイル・ウェブ編集部
2010年04月28日
エソテリック(株)は、独avantgarde(アバンギャルド)の第2世代スピーカー“G2”シリーズにおいて、新たにフラグシップ「trio Ω G2」を含む3システム7モデルを日本で販売する。4月末より受注を開始する。

<ホーンスピーカー+アクティブバスホーン・システム>
・ホーンスピーカー「avantgarde trio Ω G2」 ¥6,615,000(ペア・税込)
・ホーンスピーカー「avantgarde trio Ω G2 classico」 ¥6,930,000円(ペア・税込)

・アクティブバスホーン「avantgarde basshorn G2」 ¥2,205,000円(1台・税込)
・アクティブバスホーン「avantgarde short basshorn G2」 ¥1,680,000(1台・税込)
・アクティブサブウーファー「avantgarde sub231 G2」 ¥735,000(1台・税込)

<ホーンスピーカー+アクティブバスホーン・システム>
・「avantgarde primo Ω G2」 ¥9,450,000円(ペア・税込)

<ホーンスピーカー+アクティブバスホーン・システム>
・「avantgarde mezzo Ω G2」 ¥7,140,000(ペア・税込)

今回の新モデルと今年1月下旬販売の「duo G2」「duo Ω G2」「 uno G2」をあわせてG2シリーズの全ラインナップが揃うこととなる。


avantgarde trio Ω G2/trio Ω G2 classico


trio Ω G2(ホワイトチェリー)

trio Ω G2(レッドチェリー)


trio Ω G2 classico(シルバーチェリー)

trio Ω G2 classico(ブルーチェリー)
広大な開口部ホーン面積を持つ3ホーンで構成されたフラッグシップ・3ウェイ・ホーンスピーカーシステム。本機と下記の「basshorn G2」6台を組み合わせたものを最高峰のシステム“trio + 6 basshorn”としている。

classicoタイプは、クラシック調のデザインをイメージしたアンモナイト曲線のフレームにホーンスピーカーを取り付けたモデル。

能率は109dB、インピーダンスは19Ω、ユニットはローミッドレンジに38インチ、ミッドレンジに23インチ、トゥイーターに7インチのスピーカーユニットを搭載する。3ウェイ構成ながら、ネットワーク回路を構成する部品は4つのコンポーネントのみとし、信号経路の短縮を実現した。ネットワーク回路を構成するコンデンサーは新規設計のG2コンデンサーを採用。avantgarde独自のCPC(Capacitor Polarization Circuit)回路の組みあわせにより、澄み切った鮮度の高い再生能力を備えるという。

「trio Ω G2」と組み合わせるアクティブバスホーン/サブウーファーは下記の3機種から選択できる。

avantgarde basshorn G2

basshorn G2
18〜250Hzを再生するアクティブバスホーン・システム。各モジュールには内蔵のパワーアンプで駆動される12インチドライバー×2を搭載する。250W×2のパワーアンプは120,000μFの大型整流コンデンサーを搭載し、電源を強化。またavantgarde独自のADRIC(Adaptive Radiation Impedance Control)回路を搭載する。

avantgarde short basshorn G2

short basshorn G2
ネオジウムマグネット搭載の12インチドライバーに250W×2のG2パワーアンプ、大容量120,000μFコンデンサーといった「basshorn G2」の基本スペックを踏襲しながら、ホーンを210mmに小型化したavantgarde最小のバスホーン・システム。

avantgarde sub231 G2

sub231 G2
ネオジウムマグネット搭載の12インチドライバーと250W×2のG2パワーアンプ、大容量120,000μFコンデンサー、アクティブ・フィードバック・コントロール搭載を搭載した省スペース設計のダイレクトラジエーター型サブウーファー。


avantgarde primo Ω G2


primo Ω G2

duoシリーズ共通の27インチミッドレンジホーンを採用した2ウェイ構成に、アクティブ・バスホーンを加えたモデルで、“trio + basshorn”の音質と省スペース性の両立をコンセプトに設計されているという。4バスホーン構成。

ミッドレンジホーンには磁束密度の高いアルニコマグネットを採用した7インチドライバーを搭載し、能率は107dB。omegaテクノロジーによる18Ωの高インピーダンス設計はアンプの負担を大幅に低減し、極小レベルの信号も極限までソースの忠実な再現を可能としている。

アクティブ・バスホーンは1モジュールにつき、ネオジウムマグネット搭載の12インチドライバー×2、500W(250W×2)のG2パワーアンプ、大容量120,000μFコンデンサーを搭載。ADRIC回路を搭載する。


avantgarde mezzo Ω G2


mezzo Ω G2

「primo Ω G2」と同様、duoシリーズ共通の27インチミッドレンジホーンを採用した2ウェイ構成に、アクティブ・バスホーンを加えたモデル。こちらは2バスホーン構成となる。

ミッドレンジホーンは「primo Ω G2」とおなじものを採用。トゥイーターには「trio Ω G2」の1インチ・H3 Ω G2ドライバーをカスタマイズしたものを搭載し、CPCネットワークを採用する。アクティブ・バスホーンも「primo Ω G2」と同じ仕様となる。

【問い合わせ先】
AVお客様相談室
TEL/0570-000-701(ナビダイヤル)

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドAVANTGARDE ACOUSTIC
  • 型番avantgarde trio Ω G2
  • 発売日2010年4月末
  • 価格¥6,615,000(ペア・税込)
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドAVANTGARDE ACOUSTIC
  • 型番avantgarde trio Ω G2 classico
  • 発売日2010年4月末
  • 価格¥6,930,000円(ペア・税込)
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドAVANTGARDE ACOUSTIC
  • 型番avantgarde basshorn G2
  • 発売日2010年4月末
  • 価格¥2,205,000円(1台・税込)
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドAVANTGARDE ACOUSTIC
  • 型番avantgarde short basshorn G2
  • 発売日2010年4月末
  • 価格¥1,680,000(1台・税込)
  • ジャンルサブウーファー
  • ブランドAVANTGARDE ACOUSTIC
  • 型番avantgarde sub231 G2
  • 発売日2010年4月末
  • 価格¥735,000(1台・税込)
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドAVANTGARDE ACOUSTIC
  • 型番avantgarde primo Ω G2
  • 発売日2010年4月末
  • 価格¥9,450,000円(ペア・税込)
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドAVANTGARDE ACOUSTIC
  • 型番avantgarde mezzo Ω G2
  • 発売日2010年4月末
  • 価格¥7,140,000(ペア・税込)

関連記事