オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
プリメインアンプキットも7月発売

<ハイエンド2009春:トライオード>「TRV-845SE」登場/ゾノトーン新製品4モデル一挙発表

Phile-web編集部
2009年05月22日
トライオードブースの目玉は、昨年のハイエンドショウトウキョウ2008で展示され、先日正式に発売がアナウンスされた管球プリメインアンプ「TRV-845SE」(関連ニュース)だ。価格は504,000円(税込)。

管球プリメインアンプ「TRV-845SE」

発売は9月としているが、「8月頃には初回分が出せるのではないか」(同社山崎氏)という。

「TRV-845SE」はすべて3極管を採用した純A級プリメインアンプ。ドライブには立ち上がりの良さと繊細さのある再生を狙い、同社として初めて2A3真空管を使用。また、大型EIオリエントコアの出力トランスを装備する。回路形式はCR型で、最大出力は20W+20W。

また同社ブースには、今年発売したMCトランス「TR-MC1SE」(105,000円/税込)も展示。同社の真空管フォノイコライザー「TRV-EQ3SE」に搭載されたMCステップアップトランスを単体でケーシングしたものだ。

MCトランス「TR-MC1SE」

さらに、これもハイエンドショウトウキョウ2008で披露されたプリメインアンプキット「TRK-34」も展示。EL34を使用したステレオプリメインアンプで、予定価格は7〜8万円。出力は10W+10W程度となる見込み。「小型の筐体なので回路設計がかなり難しかった。電源部がかなり大きいのも特徴」(山崎氏)という。発売は7月頃を予定する。

「TRK-34」の完成イメージと内部回路

大型電源トランスを装備

■ゾノトーンから2周年記念の新製品4モデルが登場

トライオードが販売を行うゾノトーンのオーディオケーブルは、「2周年Special」と題して新製品4モデルを発表。近日発売を行う。新製品の資料はあす配布されるとのことで、現段階で詳細は不明だが、型番と1mの価格は以下の通り。

・「6.5N・AC-2000 Meister」¥11,900
・「7.6N・AC-4000 Meister」¥27,900
・「7NAC Grandio 06」RCAタイプ ¥47,900
・「7NAC Grandio 06」XLRタイプ ¥52,900
・「7NTW-7060 Grandio」ストレート5ピン・DINタイプ ¥29,500
・「7NTW-7060 Grandio」L型ネック5ピン・DINタイプ ¥33,500
・「7NTW-7060 Grandio」RCAタイプ ¥35,500

6.5N・AC-2000 Meiste

7.6N・AC-4000 Meister


7NAC Grndio 06

7NTW-7060 Grandio
【問い合わせ先】
トライオード
TEL/048-962-7109

関連記事