オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

DYNAUDIO JAPANのショールーム「on and on」がリニューアル − 充実のラインナップが試聴可能

2008年06月02日
DYNAUDIO JAPAN(株)のショールーム「on and on」が5月にリニューアル・オープンした。「音」にこだわった上質なオーディオ&シアタールームで、DYNAUDIOをはじめとした幅広いラインナップが体験できる。


DYNAUDIO JAPANのショールーム「on and on」
リニューアルを遂げた新しいショールームのコンセプトは、いつでも好きな音楽が楽しく、そしてスタイリッシュに楽しめる「オトナのための上質な空間」。銀座近くにある同社ビルに、従来から構えていた、オーディオ・ショールーム「on and on」と、ホームシアター・ショールーム「PL8(プレイト)」を融合させ、“オーディオ&ホームシアター・ショールーム”「on and on」として生まれ変わった。営業時間は、平日は定休日となる火曜・水曜を除く午前11時から午後20時まで。土日・祭日も営業している。なお、日祭日は午後18時まで。

ビルの1階に構えるオーディオルームには、DYNAUDIOの“CONFIDENCE”や“FOCUS”をはじめ人気シリーズや、昨年デビューを果たした30周年記念モデル「Sapphire」など、注目のスピーカーがずらりと勢揃いする。部屋の中心に設けられたステージでは、同じく同社が取り扱う仏・ATOLLのコンポーネントとの組み合わせによるサウンドが楽しめるほか、毎月テーマを決めて行われる様々なブランドとのコラボレーションイベントでは、その時々の新製品や、真空管アンプと組み合わせたDYNAUDIOのスピーカーの音なども味わうことができる。(テーマイベントの月間スケジュールはこちら


人気の高い「FOCUS」シリーズ

「Confidence」シリーズ

「Sapphire」も試聴できる
もちろん、来館者によるディスクの持ち込みも受け付けている。ショールームにはアドバイザーの中村氏も控えており、DYNAUDIO製品に関する質問や、自宅オーディオルームのクオリティ・アップに関する相談などにも応えてくれる。ショールームに訪問する際の予約は不要だが、特別に聴きたいコンポーネントなどがある場合は、事前に電話で中村氏をはじめ、ショールームのスタッフに相談すると良いだろう。


ショールームのアドバイザー、中村伸一氏

オススメの高音質ディスクも試聴できる
オーディオ機器の他に、シグナとのコラボレーションにより、ドイツや北欧のブランドから輸入されたスタイリッシュなキッチンウェアが展示・販売されているのも、リニューアル後の「on and on」の魅力。ご夫婦で訪問される方々も、ゆったりと上質な音楽やインテリアを心ゆくまで楽しむことができる。


北欧やドイツのデザインが楽しめるキッチンウェアも取り揃える

Tangentのコンポーネントも展示。音も聴くことができる
地下1階のホームシアタールームにも、DYNAUDIOの豊富なスピーカーシステムが揃う。埋め込み型スピーカー「IP24」を中心としたサラウンド環境がつくられており、液晶テレビとフロントプロジェクターの両方によるシアタールームが体験できる。シアタールームにはギャレット インテリアが手がけるソファなどスタイリッシュなインテリアも用意され、持ち込みの映画・音楽ソフトとともに上質な空間が味わえる。


ホームシアタールームで映画や音楽を楽しむことができる
またショールームのスタッフによる、ホームシアターのインストールに関する相談も受け付けている。「新規にゼロから始めるホームシアターから、既にお持ちの機器を活かしたグレードアップまで、ご来場いただく方、ひとりひとりのライフスタイルに最適なホームシアターをご提案します」(スタッフ談)

ぜひ新しくなった「on and on」に足を運んでみてはいかがだろうか。

【問い合わせ先】
DYNAUDIO JAPAN(株)
TEL/03-5542-3545

(Phile-web編集部)

関連記事