オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

アドフォクス、音声明瞭化回路を搭載した聴力補助ヘッドホン「np606」を発売

2007年04月19日

np606
アドフォクス(株)は、同社の手がける補聴器とオーディオ製品双方の技術を活かした“聴力補助ヘッドホン”「np606」を4月20日に発売する。

本機の価格は78,750円(税込)となる。同社補聴器製品に搭載されている、音を周波数分析し、高調波を増幅するように特性を瞬時に調節する音質明瞭化回路「ニートプロセッサ(Neat Processor)」が採用されている。一般的な補聴器としても使えるが、補聴器医療機器の販売管理者がいないショップでも販売ができるよう、オーディオ製品として発売される。

単4型の乾電池2本駆動。電源を入れることで内蔵回路が立ち上がりヘッドホンとしてすぐに使えるようになる。コンデンサー型の風防付きマイクを本体に内蔵。ステレオミニプラグタイプの外部入力を備え、携帯オーディオプレーヤーと組み合わせて音楽が楽しめる。全高調波歪は0.5%以下とし、自然な音質を再現する。

【問い合わせ先】
アドフォクス(株)
TEL/0428-24-6042

(Phile-web編集部)

関連リンク

新着記事を見る
  • ブランドADPHOX
  • 型番np606
  • 発売日2007年4月20日
  • 価格¥78,750(税込)
【SPEC】●基準周波数:1,000Hz ●最大音響利得:25dB ●全高調波歪:0.5%以下 ●電源:単4型アルカリ乾電池×2 ●質量:約220g(電池含む)

関連記事