オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

ケーブルブランド探訪紀(オーディオテクニカ編 最終回「AT-SA2000」)

2005年07月19日

AT-SA2000
オーディオテクニカ編の第10回目最終回は、同社SシリーズのRCAオーディオケーブル「AT-SA2000」を紹介する。


同モデルは磁界の影響を低減させるために、ポリウレタン被覆のリッツ線を採用したRCAオーディオケーブルである。素材となるOFC導体に関しては、線径の異なる芯線を組み合わせ、広帯域再生を実現。 各線径に合わせた撚りピッチで時間軸のずれを補正している。

また、 反転撚り構造を採用することでインダクタンスを低減。 剛性の高い真鍮削り出しプラグを搭載するなど同社の技術を余すことなく投入したハイCPケーブルとなっている。ぜひとも試してみてはいかがだろうか。(季刊・オーディオアクセサリー編集部)

●シリーズSについて
シリーズRの技術を受け、さらに映像分野にもバリエーションを展開したシリーズ。オーディオ、デジタル、スピーカー2モデルに、コンポーネント映像ケーブルを加え、ハイエンドホームシアターにこだわるユーザーにも最適なラインアップを揃えている。

新着記事を見る
  • ブランドAUDIO-TECHNICA
  • 型番AT-SA2000
  • 発売日2005年6月24日
  • 価格\18,900(1.3mペア)
【SPEC】
●芯線抵抗:17.3mΩ/m
●静電容量:101pF/m
●インダクタンス:0.75μH/m
●プラグ接点部:24k金メッキ
●プラグスリーブ部:ニッケルメッキ

関連記事