<連載:折原一也の“いまシュン!”ビジュアルプロダクト>

『君の名は。』は5枚組コレクターズ版を買うべき! 4K/HDRの “最高画質” で見る方法、必要なもの

折原一也

前のページ 1 2 3 次のページ

2017年05月12日

なおテレビ以外、PC用モニターや安価なチューナー非搭載ディスプレイで観るという人は、HDR対応モデルはまだまだ少ないので、対応しているかどうかを必ず確認しておきたい。

これらの条件をふまえて、『君の名は。』のUltra HD Blu-ray版を手頃な価格で再生するシステムを揃えるとなると、Ultra HD Blu-ray対応プレーヤーにパナソニックの「DMP-UB90」、薄型テレビにパナソニックの43型4K液晶テレビ「TH-43EX750」で予算25万円程度になる。

パナソニック TH-43EX750(記事中の価格は原稿執筆時の実勢価格で表記している)

■とりあえずはUltra HD Blu-ray再生対応プレーヤーだけでもOK

『君の名は。』の理想的な視聴環境を揃えたいが、25万円はちょっと手が出ない…という人には、まずはUltra HD Blu-ray再生対応プレーヤー/レコーダーだけでも購入しておく事をオススメしたい。これなら予算は5万円(レコーダーなら8万円)程度で済む。

というのも、今まで説明したのはあくまで「『4K』『HDR』の本当の美しさを引き出す』ための理想的な環境。理想にまで届かなくても、Ultra HD Blu-rayディスクと再生プレーヤーさえ揃えれば、現行のBlu-rayよりずっと高画質になる可能性があるのだ。

例えば、4Kではなく従来のフルHD(2K)テレビでも、Ultra HD Blu-rayに収録されている4K映像を縮小して2Kで表示してくれる。

また「自宅のテレビが4KだけどHDR対応ではない」場合でも大丈夫。この場合、4Kの映像にはなるし、Ultra HD Blu-rayプレーヤーにはHDR-SDR変換という機能が備わっていて、「HDRではない(SDRと呼ばれる)」テレビ向けに、「HDRっぽい」雰囲気で表示してくれる。

だから、今あえて『君の名は。』のUltra HD Blu-ray版を入手して鑑賞していようとしても、全く無駄はないのだ。

■『君の名は。』の「5枚組コレクターズエディション」を買い逃すな

最後にもう一つ補足しておくと、『君の名は。』の「Ultra HD Blu-ray」版ディスクは「Blu-ray コレクターズ・エディション 4K Ultra HD Blu-ray 同梱5枚組(初回生産限定)」のパッケージにしか含まれていない。

重要なことなので繰り返すが、「Blu-ray コレクターズ・エディション 4K Ultra HD Blu-ray 同梱5枚組(初回生産限定)」は、初回生産限定パッケージなのだ。よってUltra HD Blu-rayディスクは、初回を買い逃すと入手できない可能性も考えられる。

今すぐにベストの再生環境を整えられなくても、7月24日に発売される『君の名は。』のパッケージ版は、「Blu-ray コレクターズ・エディション 4K Ultra HD Blu-ray 同梱5枚組(初回生産限定)」を確保しておくことをオススメしたい。

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事