X910は地デジビューティー PROにも対応

東芝、4Kレグザ「X910/Z810X」をHLGやDAZNに対応させるアップデート

編集部:小野佳希
2017年05月25日
東芝は、液晶テレビ“4Kレグザ”「X910」「Z810X」シリーズについて、HDMI端子をHLG形式のHDRに対応させるとともに、スポーツ特化型映像配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」へ対応させるファームウェアアップデートを5月30日から実施する。

レグザ X910シリーズ

アップデートによって、HDMI端子がHLG(Hybrid Log-Gamma)方式のHDRフォーマットに対応。これによりHLGが採用予定の、2018年12月からBS/110度CSによる4K HDR本放送の視聴が可能になる(放送の受信には今後発売される4K BS/110度CSチューナーが別途必要)。なお「BZ710シリーズ」および「M510Xシリーズ」はすでにHLGへ対応を果たしている。

そのほか、DAZNへの対応に加えて「地デジビューティー PRO」にもアップデートで対応。地デジ放送などでゆっくりとした動きのあるシーンをさらに高精細に再現するという。

さらに有機ELモデルのX910では、暗部の階調表現をさらに向上。映画や音楽コンサートなどの暗いシーンなどで、さらなる高画質を実現するとしている。

加えて、X910シリーズでは「地デジビューティPRO」機能にも新たに対応。暗部の階調表現をさらに向上させ、映画や音楽コンサートなどの暗いシーンなどでさらなる高画質を実現するとしている。

関連記事