CESのディスプレイ関連展示を総括

【CES】折原一也が見た「4K」「有機EL」最前線と2013年の展望

取材・執筆/折原一也

前のページ 1 2 3 4 5 次のページ

2013年01月16日
■LG、サムスン、中国メーカーまでも「4K」テレビを投入へ

日本メーカー以外にも、数多くのテレビメーカーが4Kテレビのデモを行っていた。なかでも注目は韓国メーカーのLG、サムスンだろう。

LGは2013年発売予定のモデルとして84/65/55型の3モデルを出展。展示されていたのは84型も含めて現在発売中のものとは異なる2013年仕様のプロトタイプで、LGディスプレイ製のIPSパネルを搭載。高画質エンジンは共通ながらCPUの性能を向上させている。米国では2013年上半期の発売予定で、日本市場にも投入されるという。

サムスンは試作機として110/95/85型の4Kテレビを展示。85型のみ北米で発売予定となっているが、価格や日本での発売は未定。なお、サムスンは4Kテレビ向けに「Quad-Detail Enhancement Technology」という周辺画素の情報を参照して高画質化する技術も展示しており、4Kテレビ向けの複数枚フレーム超解像技術を搭載するようだ。

LGブース内の4Kテレビのデモ

サムスンプレスカンファレンスで披露された110型モデル

大手メーカー以外では、中国メーカーのCHANGHONG、Haier、TCL、Hisenseといったメーカーも65〜110型の4Kテレビを展示しており、4Kテレビは会場内の至る所で見られた。なかでもHisenseは、65型を4,000ドル、55型を3,000ドル、50型を2,000ドルで北米向けに発売予定とのこと。4Kテレビの値下がりにも期待できそうだ。

中国ハイアールの65型モデル。2013年には発売とのこと

中国ハイセンスの84型モデルは発売未定だが、65/55/50型も発売予定

4Kソースについても展示が見られた。ソニーは、米国内でネットワーク配信による4Kネイティブソースの提供を今夏に開始する。また民生用カメラも、ソニー、パナソニック共に参考展示をしていた。

さらにサムスンはNetflixによる4K配信の技術デモ、LGは韓国KBSと共同実験しているHEVCコーデックによる4K地上デジタル放送のデモを実施していた。4K対応パッケージメディアが無いことに加え、60pの4K映像を転送可能と考えられる次世代HDMI規格が現時点では策定されて、一般家庭向けの4Kソースの展開は不透明だったが、徐々に4K対応の準備も進んでいることも伺えた。

サムスンは米映像配信大手Netflixのソースで4Kデモ

LGは韓国国内でスタートしている4K画質の地デジ試験放送をデモ

かつてない盛り上がりを見せた「4K」「有機EL」

前のページ 1 2 3 4 5 次のページ

関連記事