田苑酒造、J-WAVEとのコラボ

オーディオテクニカ、“音楽仕込み”のオリジナル焼酎「ANALOG SPIRITS」。藤井フミヤ、Nulbarichが楽曲提供

2022/11/01 編集部:松永達矢
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
オーディオテクニカは、クラシック音楽を聴かせた「音楽仕込み」で知られる田苑酒造、ラジオ局J-WAVE(81.3FM) とのコラボの元、同社の創業60周年を記念した音楽仕込み焼酎「ANALOG SPIRITS」を企画・製造。11月4日より開催する「Analog Market」内で展示を予定している。

3本をラインナップするオリジナル焼酎「ANALOG SPIRITS」

本年4月に創業60周年を迎えた同社の企業メッセージ「もっと、アナログになっていく。」の元、アナログの魅力を訴求するコンテンツの一環として作られた物。今回のコラボレーションについては、「最高の“音”にこだわるオーディオテクニカ」「格別な味わいの焼酎を追い求める田苑酒造」「音楽をこよなく愛するミュージシャンとJ-WAVE」三者によって行われた。

田苑酒造の「音楽仕込み」とは、トランスデューサという特殊なスピーカーを用い、音楽の信号を振動に変換して酵母を活性化させる酒造法。発酵を促し、貯蔵時には熟成効果を高めることで、まろやかさが特長の風味を帯びる。

「音楽仕込み」に楽曲を提供するアーティストは、オーディオテクニカと同じく今年60歳を迎えた“藤井フミヤ”、そして、シンガー・ソングライターのJQ (Vo.) がトータルプロデュースする“Nulbarich”。彼らが本プロジェクトのために選んだ楽曲を、オーディオテクニカのマイクロホン「AT5047」、ヘッドホン「ATH-M50x」を使用して新たにスタジオ録音を実施した。

藤井フミヤ「TRUE LOVE」「Another Orion」「水色と空色」の3曲を仕込みに用いた焼酎が「ANALOG LOVE」。華やかで軽快な香りとファルセットのように甘く、切れの良い味わいになっていると同社は説明する。Nulbarich「STEP IT」「Spread butter on my bread」の2曲を仕込みに用いた焼酎が「AUTHENTICITY」。思わずステップを踏むような波打つフルーティさに甘味とふわりとハチミツのように甘い香りを楽しめるという。

藤井フミヤの楽曲を用いた「ANALOG LOVE」

Nulbarichの楽曲を聴かせた「AUTHENTICITY」

上記2本に加え、オーディオテクニカから、過去に同社のマイクロホンが使用された海外アーティストの名曲20曲からなるプレイリストを聴かせた「VIBRATIONS」を醸成。バニラのような香りにコクのあるクラシックな味わいが楽しめる1本になっているとのことだ。

オーディオテクニカによるプレイリストを聴かせた「VIBRATIONS」

なお、オーディオテクニカの公式YouTubeチャンネルでは、3本をラインナップする「ANALOG SPIRITS」ができあがっていく約250日の過程に迫ったスペシャルムービー「A Story of ANALOG SPIRITS」を公開。動画内では、藤井フミヤとNulbarich・JQ、田苑酒造、オーディオテクニカの三者によるアナログへの想いやプロジェクトへの期待、田苑酒造による音楽によって味の違いが出る理由などが語られている。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック