「S2500 Quantum」のリニューアルモデル

STROMTANK、バッテリー駆動クリーン電源「S2500 Quantum MK2」。新テクノロジーDDSを搭載

2022/07/14 編集部:伴 修二郎
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
(株)ステラは、STROMTANK社のバッテリー駆動クリーン電源「S2500 Quantum MK2」を7月15日より受注開始する。価格は451万円(税込)。

「S2500 Quantum MK2」

本モデルは、リチウムイオンバッテリーを搭載したクリーン電源「S2500 Quantum」のリニューアルモデル。新たに高周波フィルターDDS (デジタル・ディストーション・サプレッサー)を搭載している。

加えて、8口装備されたACアウトレットのうち2口は、デジタル機器専用のACアウトレットとして装備。これにより、デジタル機器の高周波ノイズがACラインから混入する悪影響を防ぎ、サウンドクオリティをより高められるとアピールする。なお本モデル発売に伴い、従来モデル「S2500 Quantum」の販売は終了となった。

背面部イメージ

リニューアルに合わせて、製品のフロントフェイスもより精悍で立体的なフォルムにアップデートしたとのこと。連続稼働時間は、コンスタントに400W消費した場合で約4時間。

バッテリー切れに近づくと自動的に充電モードに切り替わり、充電中でも接続機器への電源供給は継続される。充電中は電源網からの供給となるが、STROMTANK内部のフィルターを介して電源供給されることで、十分に音質的なアドバンテージを感じとれるという。

バッテリー本体はリン酸鉄リチウムイオン電池を使用し、バッテリー容量は2,100Wh。連続使用時の最大出力が650W、瞬間ピーク出力は最大2,600W。外形寸法は480W×540H×590Dmm、質量は57kg。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE