原材料費ならびに輸送費の高騰により

ヤマハ、オーディオ&ホームシアター49製品を4/1より値上げ。AVアンプは受注を再開

2022/03/25 ファイルウェブオーディオ編集部・筑井真奈
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ヤマハは、ホームシアターならびにオーディオの49製品について、4月1日よりの希望小売価格を改定することを発表した。原材料費ならびに物流費の高騰によるものとしている。

価格改定となる代表的なモデル

対象となるカテゴリーは、CDプレーヤー、ターンテーブル、AVアンプ、スピーカー、サブウーファーとそれらの関連アクセサリー。具体的な製品としては、プリメインアンプ「A-S1200」やCDプレーヤー「CD-S1000」といったエントリー価格帯のモデルから、フラグシップとなる“5000番シリーズ”も含まれる。例えば「A-S1200」は現行の264,000円(以降ずべて税込)から286,000円に、「CD-S1000」は149,000円から165,000円に価格改定となる。

またAVアンプ「RX-V4A」「RX-A4A」「RX-A6A」「RX-A8A」は一時新規受注を停止していたが、4月1日よりの価格改定と併せ、受注を再開する。またターンテーブル「GT-5000」も受注を再開する。

なお、半導体の世界的な調達難が継続していることから、現在も海外工場からの納品が遅れており、お届けまでに時間を要する場合があるとしている。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク

トピック