HOME > ニュース > ソニー、オーディオ・カメラなど4月から最大31%値上げ。109モデルが対象

人気モデル多数

ソニー、オーディオ・カメラなど4月から最大31%値上げ。109モデルが対象

2022/03/24 編集部:平山洸太
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ソニーマーケティングは、日本国内向けに販売している一部製品について、メーカー出荷価格を4月1日から改定すると発表した。


対象となるカテゴリーは、オーディオ製品やカメラ製品など109モデル。多くはオープン価格のため正確な価格は不明だが、価格改定率は約3%から31%の増加になるとしている。

具体的な対象製品は、サウンドバー「HT-A7000」、カメラ「α6400」「α7C」、イヤホン「XBA-Z5」「IER-Z1R」「IER-M9」、ヘッドホン「MDR-Z1R」「MDR-Z7M2」、グラスサウンドスピーカー「LSPX-S3」、ネックバンドスピーカー「SRS-NS7」など。

昨今の半導体不足をはじめとする外部環境の影響を受け、原材料費、製造・物流コストなどが高騰していることが理由だと説明している。

人気モデルも広く対象となっているため、購入を検討している方は、リストから製品が該当になっていないか確認されたい。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック