MM対応フォノ入力も装備

JBL、テレビとも接続可能なHDMI対応オールインワンシステム「L75ms」。創立75周年記念モデル第3弾

2022/03/17 編集部:伴 修二郎
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ハーマンインターナショナルは、JBLブランドの創立75周年記念モデルの第3弾となるインテグレーテッド・ミュージックシステム「JBL L75ms」を、3月下旬より発売する。価格は198,000円(税込)。

「JBL L75ms」

JBL L75msは、ブランド創立75周年記念モデル「L100 Classic 75」「SA750」に続く、アニバーサリーモデル第3弾となるミュージックシステム。最新の音楽ストリーミングサービスから、従来のアナログレコードまで、全ての音楽ソースをより手軽に楽しむことをコンセプトに設計/開発したという “All-in-One” システムとアピールする。

ワイヤレス接続では、Bluetoothに加えてApple Airplay2、Google Chromecastに対応。また、同社アプリ「Music Life」を使用することで、UPnPでローカルネットワーク上における音楽ファイルの再生も可能となる。

有線接続ではφ3.5mmAUX入力に加え、アナログレコード再生用のフォノ入力(MM)を搭載。さらに、HDMI(ARC)端子を備え、テレビと接続しサウンドバーのように活用することも可能だ。

本機インターコネクト部。HDMIはARCに対応するため、サウンドバーのような活用も可能となっている

スピーカーユニットは、133mmウーファー×2基、25mmトゥイーター×2基、100mmミッドレンジ×1基を組み合わせた2ウェイ・5ユニット構成。また、音響工学に基づき自然な広がりを創り出す「マルチアングルバッフル」設計や、各ユニットをDSPで個別に制御して的確に駆動させるアクティブ5チャンネルシステムを採用。加えて、独自の「サウンドフィールド・エキスパンダー」技術によって広く均一な音場を作り出し、1ボックスシステムからは想像できない迫力あるJBLサウンドを実現するという。

計5基のスピーカーユニットを搭載する

外観には、ウォールナット天然木突板仕上げのキャビネットとマグネットによる着脱式のQuadrexフォームグリルを採用。世界中のオーディオファンから高い評価を得たという「JBL L-Classic」シリーズを踏襲した、モダンクラシック・デザインを実現したと説明する。

そのほか、設置場所により低音の調整を切り替える「バス・コンター」機能を搭載。専用のBluetoothリモコンも付属し「MusicLife」アプリによってリモート操作が可能だ。再生周波数帯域は45Hz - 25kHz(-6dB)、アンプ出力は350W(LF:125W×2/HF:25W×2/MF:50W×1)。外形寸法は790W×216H×287Dmm、質量は15.9kg。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク