木製カップとのハイブリッドインシュレーターも

ティグロン、マグネシウムインシュレーター「MZシリーズ」。16年ぶりのリニューアル

2022/01/24 ファイルウェブオーディオ編集部・筑井真奈
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ティグロンは、マグネシウムインシュレーター「MZシリーズ」を発売開始、スパイク受け皿の「MZ-1」とスパイクの「MZ-2」をラインナップ。また、「MZ-2」とロシアンバーチをカップリングさせた「MZXシリーズ」も発売となる。いずれも2月発売予定。

ティグロンのマグネシウムインシュレーター「MZ-1」(受け皿/左)と「MZ-2」(スパイク/右)

「MZ-2」と木製カップリングをハイブリッドした「MZXシリーズ」

価格は以下の通り(すべて税込)。
受け皿
MZ-1/3 6,600円(3個入り)
MZ-1/4 8,800円(4個入り)

スパイク
MZ-2/3 8,250円(3個入り)
MZ-2/4 11,000円(4個入り)

ハイブリッドインシュレーター
MZX-3 24,750円(3個入り)
MZX-4 33,000円(4個入り)

「MZシリーズ」は、2006年に発売を開始したインシュレーター「Mシリーズ」を16年ぶりにリニューアルさせたもの。マグネシウム材の純度を高くし、塗装や加工法を再検討したことで、音質はもとより耐久性能も大きく向上しているという。さらに、インシュレーターと設置機器間に生じる微小な振動対策として、「D-REN Tuning Film」が装着されている。

「MZXシリーズ」は、MZ-2にロシアンバーチ材の木製カップをカップリングさせたもの。カップ形状にすることでスパイクの転倒やズレを防ぐことに加え、カップ内部に「D-REN Tuning Ring」を装着し音質を整えているという。耐荷重は1個あたり20kg以内を推奨している。

なお「M1/M2」や「MZ-1/MZ-2」に木製カップのみ追加することも可能で、価格は「TZC-3」13,200円(3個入り/税込)、「TZC-4」は17,600円(4個入り/税込)となっている。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク