出力アウトレット4口搭載

SOCサウンドラボ、交流アース機能つき電源ボックス「ACE6」

2021/12/02 ファイルウェブオーディオ編集部・筑井真奈
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
SOCサウンドラボは、交流アース機能つきの電源ボックス「ACE6」を発売する。出力アウトレットを4口装備する本体と、検出ボードがセットになっており、価格は235,000円(税込)。

SOCサウンドラボ「ACE6」

集合住宅などでは品質の高いアース線を接地することが困難な状況が多いことを踏まえ、入力用の電源ボックスと検出ボードをセットにし、交流的な接地方法を用いることで、集合住宅などでも使いやすくしたものという。検出ボードは大地接地の0V電位を取るもので、それを基準にして機器側の電位を検出するとしている。

「ACE6」の背面。ボードとの接続端子、4口のアウトレットを装備する

本体はアルミニウム筐体となっており、定格12A。本体サイズは330W×260D×115Hmm、質量は3.9kg。ボードのサイズは400W×300D×28Hmm、質量は1.4kg。本体の電源スイッチによりオンオフが可能となっている。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク

トピック