12/4 18時30分から

羊文学のビルボードライブをフルHD/ロスレスで“高画質・高音質”配信。コルグ「Live Extreme」採用

2021/11/26 編集部:小野佳希
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ビルボードライブ横浜で開催されるライブを、コルグ「Live Extreme」によるフルHD映像+ロスレス音声で配信する取り組みが12月4日(土)に実施される。

羊文学のライブを“高画質・高音質”配信

3ピースオルタナティブロックバンド・羊文学による『羊文学 まほうがつかえる 2021』公演の 2ndステージを生配信。通常配信に加え、コルグが開発した「Live Extreme」システムを用いる「プレミアム高画質・高音質」フルHD映像+ロスレス音声(48kHz/24bit)配信も行う。

標準配信の場合、配信方法の都合上ファイルを2度圧縮し、またオーディオファイルのサイズを削減するために元のオーディオファイルの詳細データが削除される。一方で「プレミアム高画質・高音質」配信は画質を劣化させず、元の音楽情報を保持したまま、標準配信のビットレートより約2倍のビットレートにて楽曲を配信する。また、配信音声は配信方式だけではなく品質にもこだわり、リアルタイム・マスタリングを行い配信するとコルグでは説明している。

通常配信は「Streaming+」で、プレミアム高画質・高音質配信は「eContent」で配信。視聴チケット価格は通常配信が2,800円で、プレミアム高画質・高音質配信が3,200円。Club BBL会員向けの優待価格販売も用意している。

公演は12月4日18時から配信開始。12月11日(土)23時59分までアーカイブ視聴もできる。なお、視聴にあたって追加の機器や専用アプリのインストールは不要。PC/スマートフォン搭載のブラウザでロスレス配信を視聴できる。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック