オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
聴き疲れしない低音再生を実現

Polk Audio、スピーカーのエントリーモデル「Monitor XTシリーズ」。“ブランドコンセプトを最も見事に体現”

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:成藤 正宣
2021年10月29日
ディーアンドエムホールディングスは、同社取り扱いブランド・Polk Audioから、エントリーグレードのスピーカー “Monitor XTシリーズ” 8モデル、およびサブウーファー「PSW10」を、11月下旬より順次発売する。ラインナップ/税込価格は以下の通り。

フロアスタンディングスピーカー
・「MXT70」:49,500円(1台)
・「MXT60」:33,000円(1台)

ブックシェルフスピーカー
・「MXT20」:38,500円(ペア)
・「MXT15」:27,500円(ペア)

センタースピーカー
・「MXT35」:38,500円(1台)
・「MXT30」:27,500円(1台)

ハイトモジュール
・「MXT90」:27,500円(ペア)

サブウーファー】※2022年1月下旬発売予定
・「MXT12」:49,500円(1台)
・「PSW10」:38,500円(1台)

Polk Audioのエントリーグレードスピーカー“Monitor XTシリーズ”

「手頃な価格で、より多くのお客様に素晴らしい音楽、映画体験をお届けする」というブランドコンセプトを最も見事に体現したと謳うスピーカーシリーズ。上位モデルと同様、ブランド本拠地・ボルチモアにある研究所で培ったスピーカー設計技術を用いて開発しており、またPolk Audio製品共通の特徴とする豊かで深みのある低音再生能力もしっかりと継承。音量の大小を問わず、クリアかつ深みのある低音で、映画や音楽、ゲームなどを楽しめるとしている。

高域用スピーカーユニットには、上位モデル “Signature Eliteシリーズ” と同様の「テリレン・ドーム・トゥイーター」を搭載。40kHzの超高域までカバーし、ハイレゾ対応のストリーミングサービスから最新映画のサウンドトラックまで、クリアで高精細な高音で忠実に再生できるとする。

上位モデルと共通の「テリレン・ドーム・トゥイーター」

低域用スピーカーユニットには、ペーパーコーンとハイテク素材を組み合わせた「バイ・ラミネート・コンポジット・ウーファー」を採用し、クリーンでオープンな中音域と反応の良い低音を実現。

ペーパーコーンとハイテク素材を組み合わせたバイ・ラミネート・コンポジット・ウーファー」

加えて、フロア型モデルにはパッシブ・ラジエーター、その他のモデルにはバスレフ・ポートを搭載。音楽にインパクトを与えながらも息苦しさを感じさせない “エフォートレスな(聴き疲れしない)低音” が楽しめるとのこと。

パッシブ・ラジエーター搭載のフロア型モデルは、設置場所の自由度も高いとしている

キャビネットの素材には共振に強いMDF材を採用し、補強による高剛性化とダンピング、内部定在波の抑制を行うことで、聴感上の色付けを最小限に抑えたという。

なお今回のラインナップ中、サブウーファー「PSW10」のみ “Monitor XTシリーズ” に属さない単独モデルだが、スピーカーユニットは “Monitor XTシリーズ” と共通のバイ・ラミネート・コンポジット・ウーファーを採用している。

フロア型「MXT70」は、25mmテリレン・ドーム・トゥイーター×1/165mmバイ・ラミネート・コンポジット・ウーファー×2/200mmパッシブラジエーター×2を搭載。再生周波数帯域は35Hz - 40kHz、インピーダンスは4Ω、感度は89dB(2.83V/1m)。クロスオーバー周波数は2.7kHz。外形寸法は273W×1,027H×338Dmm、質量は15.9kg。

「MXT70」

フロア型「MXT60」は、25mmテリレン・ドーム・トゥイーター×1/165mmバイ・ラミネート・コンポジット・ウーファー×1/165mmパッシブラジエーター×2を搭載。再生周波数帯域は38Hz - 40kHz、インピーダンスは4Ω、感度は86dB(2.83V/1m)。クロスオーバー周波数は2.2kHz。外形寸法は229W×925H×251Dmm、質量は9.1kg。

「MXT60」

ブックシェルフ型「MXT20」は、25mmテリレン・ドーム・トゥイーター×1/165mmバイ・ラミネート・コンポジット・ウーファー×1/リア・バスレフポート×1を搭載。再生周波数帯域は38Hz - 40kHz、インピーダンスは4Ω、感度は87dB(2.83V/1m)。クロスオーバー周波数は3.2kHz。外形寸法は191W×330H×280Dmm、質量は5.5kg。

「MXT20」

ブックシェルフ型「MXT10」は、25mmテリレン・ドーム・トゥイーター×1/130mmバイ・ラミネート・コンポジット・ウーファー×1/リア・バスレフポート×1を搭載。再生周波数帯域は48Hz - 40kHz、インピーダンスは4Ω、感度は86dB(2.83V/1m)。クロスオーバー周波数は2.2kHz。外形寸法は166W×270H×183Dmm、質量は4.1kg。

「MXT15」

センタースピーカー「MXT35」は、25mmテリレン・ドーム・トゥイーター×1/75mmバイ・ラミネート・コンポジット・ウーファー×4/フロント・バスレフポート×1を搭載。再生周波数帯域は57Hz - 40kHz、インピーダンスは4Ω、感度は87dB(2.83V/1m)。クロスオーバー周波数は2.5kHz。外形寸法は620W×106H×141Dmm、質量は6.4kg。

「MXT35」

センタースピーカー「MXT30」は、25mmテリレン・ドーム・トゥイーター×1/130mmバイ・ラミネート・コンポジット・ウーファー×2/リア・バスレフポート×1を搭載。再生周波数帯域は55Hz - 40kHz、インピーダンスは4Ω、感度は89dB(2.83V/1m)。クロスオーバー周波数は2.5kHz。外形寸法は483W×166H×207Dmm、質量は5.9kg。

「MXT30」

ハイト・モジュール「MXT90」は、100mmバイ・ラミネート・コンポジット・ウーファー×1を搭載。再生周波数帯域は94Hz - 22kHz、インピーダンスは4Ω、感度は89dB(2.83V/1m)。外形寸法は191W×144H×217Dmm、質量は2.8kg。

「MXT90」

サブウーファー「MXT12」は、300mmバイ・ラミネート・コンポジット・ウーファー×1/リア・バスレフポート×1/AB級アンプを搭載。クロスオーバー周波数は80Hz - 160Hz。平均出力は50W、最大出力は100W。外形寸法は407W×418H×456Dmm、質量は17.7kg。

「MXT12」

サブウーファー「PSW10」は、250mmバイ・ラミネート・コンポジット・ウーファー×1/フロント・バスレフポート×1/AB級アンプを搭載。クロスオーバー周波数は80Hz - 160Hz。平均出力は50W、最大出力は100W。外形寸法は356W×366H×410Dmm、質量は11.8kg。

「MXT10」

関連リンク

関連記事